2017年 01月 17日

  旧の夏蜜柑です

ことしもダンボール箱で届きました。
埼玉県川越市からの頂き物、柑橘類に関してはコチラ(神奈川県真鶴町)が本場あろうと考えますが、昨今では探すのさえ難しい珍の部類の代物です。
何たって昨今の果物は全部が全部、糖分を増やす事ばかりに熱中して、甘ければウマ~イになっちゃってるでしょ。
ところがコイツ、旧の夏蜜柑の味そのまま。
口に入れた途端に頬っぺたがすぼまるほどに酸っぱいのです。
皮を剝いたヤツをドンブリに山と盛ってお匙の背中でつぶしつつ、牛乳と砂糖を振り掛けてすすりつつ喰らう。
これが大好物だったのに、次第次第に夏ミカンから酸味が消えて、同時に大好物の喰い方からも遠のいた。
「酸っぱいよ~、食えるかな~」の手紙入りダンボール箱が届くようになって、旧の喰い方も復活です。
「ミキサーにぶち込んでも同じだろう」と考えるのは早計なんだ。
お匙の背中でつぶさないと夏蜜柑のアノ酸味は生きない。
そんな訳で牛乳か、ヨーグルトをたっぷり掛けて毎朝一個を喰らってる。
ガキ時代と異なるのは砂糖を振り掛けなくなったことでしょう。
と言うことは、「何時も鈴生りとなる実家の庭の夏蜜柑で~す」も、多少は甘さ追及の世相の犠牲になった樹木なのかも知れません。
それともガキ時代と違って舌の感覚が鈍くなったのか?

「甘~い」と「旨~い」をゴッチャにしちゃって、果物独自の味が薄れたり、無くなっちゃったのは悲しいね~。
夏蜜柑はアノ酸っぱさがよかったんだもの!
d0007653_8351972.jpg


[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-17 10:27 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 16日

  吹雪の女子駅伝 

d0007653_8113893.jpg
昨日の都道府県対抗女子駅伝は凄かった。
凄すぎて、チャンネルを替えることが出来なくなっちゃっいましたもの。
何時もはその他大勢組に甘んじる長崎がトップ( 4 区= 廣中 璃梨)に躍り出るなど、まれにみる 競り合いも加味してとうとう最後まで。
唯の一度も後ろを振り向かずに、岡山・小原怜の猛追を交わした京都のアンカー筒井咲帆( ⇧ ⇧ )・・・・・。
筒井のランニング・フォームの美しさを演出したのも振りつのる雪、視聴率も跳ね上がったのじゃあないでしょうか?

関東地方の西の端の天候は、穏やかな日の出を迎えて、月も静かに天空へ昇った一日( ⇩ ⇩ )でしたが・・・・・。
つたない己のスポーツ歴(中学からラグビーをしてました)を振り返って、「そういえば雪中戦になると何故か白熱したゲームになったな~」。

                日の出                                 月の出
d0007653_9464850.jpgd0007653_947576.jpg
[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-16 09:56 | カテゴリー外 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 15日

  小田原の衰退・・・・・?

新幹線の停まる町、首都圏の奥座敷・箱根の山への玄関口でもある小田原の街角から、一軒の本屋さんが消えました。
文具と本を扱う『伊勢治』、江戸幕府の親玉が徳川家綱から五代目・綱吉へと交代した延宝八年( 1 6 8 0 年)から続く老舗中の老舗の廃業です。
今じゃあ閑古鳥の鳴くシャッター商店街ですけどね。
右に行くと国道 1 号線、左は小田原市役所や警察署などが固まる市の官庁街へと通じる、かつての"小田原の銀座通り"でした。
三百ン十年も続いた老舗でもダメか~と、考えちゃいます。
ただ今の小田原市の人口は、右肩下がりを続けて19万チョボチョボ。
しかもお年寄りが多くなって、歩く距離が大層短くなりました。
路面電車の撤廃が響いてるな~。
駅から遠いかつてのカマボコ通りなども、今じゃ閑古鳥だもの。

と考えましたが、小田原市は駅前ロータリーの地下街ですら二度もつぶしてる。
三度目の正直で始めたばかりの地下街からも撤退するお店が出ましたし・・・・・。
神奈川県の西の玄関口は、こらからどうなるのでしょう・・・・・?
d0007653_7383558.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-15 10:44 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 13日

  八丈島釣行のケチの付け始め    

八丈島での新春釣行から帰宅して一週間目( 1 2 日)に届いた(⇩ ⇩)。
コイツで八丈島の磯を闊歩しようとヤフオクで射止めた磯靴、底にスパイクが無いので、用途は渓流釣り用とみましたが、金 9 8 0 円也もお気に入りです。
「どうだ~」と見せつけて、釣りまくって帰る筈だったのですよ。
「遅くとも暮れの 3 0 日には届くだろう」と、踏んでいたのに・・・・・。

大晦日の釣り収めを加えると八丈島での釣行日は 5 日間。
この間フグ一匹の獲物さえなかったのは『 新 宿 魚 業 協 同 組 合 』の漁師の中でワタクシ一人だけでした。
貧漁に終わりましたが、何かを釣り上げた。
ハリセンボン、エソ、ダツなどと言ったしょうもないモノでしたが・・・・・。
そんなゲソさえも針掛かりしなかったケチの付け始め、コノ磯靴の未到着でしたね。

磯歩きの最中に靴底がパッカーンとはがれてしまったのは去年のゴールデンウイーク、同じ八丈島の磯でのことでした。
靴底を接着剤でペッタ~ンと張り合わせたタイプの欠点をこの時に思い知らされた。
今度は本体と靴底の縫い合わせを選ぶなど、いい支度をしたはずだったのに・・・・・。

『BEANS C L U B 』、福山ゴムの作業靴のひとつらしい。
d0007653_8464960.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-13 09:26 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 11日

  小田原城とカラス  

d0007653_9543573.jpg
太陽は箱根の外輪山の向こうに落ちて、小田原城が茜色の空に影絵となって浮かぶ頃、しばし、空を仰いで佇みます。
昨夕は倍率の高いカメラを持参していたこともあって 1 5 分ほども待ち続けたしょうか。
でも、始まらなかった
おおよその時刻は 1 6 時 5 0 分辺りから。
お城の方向に向かって頭の上を飛び去って行く 小さなカラスの群れが途切れるまで。
少なく見積もっても 5 0 0 羽以上がお城に向かって飛んで行ったと思いますが・・・・・。

引っ越したばかりのアパート、目覚めるとコツコツと窓を叩く音がするんだと言います。
ビックリ仰天、そっと細目に窓を開けると、首を傾げてこっちを見つめるカラスと目が合う。
新住人は咄嗟に考えます。
「前の住人が慣らしたに違いない」と。
同じように餌をやり続けて、カラスと大の仲良しになって行くお話し、何処かで聞いたことありませんか?

産卵期に路を歩いておりますと、後ろから襲われたりしまして、その都度、「オイラは危険人物じゃあね~よ」と言い聞かせるのですが、カラスに好かれたことは一度もない。
「せめて、大集会だけでも撮らせてくれよ~」なのですよ。
真っ黒け~の愛想無し。
でも頭は良いんですよね~。
巣に向かって石を投げたガキ時代の事は、もう忘れてほしいのですが・・・・・。
一度も小石の届かない、タカ~イ処の巣だったじゃあないか・・・・・。









[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-11 11:09 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 10日

  つるし雛

d0007653_87821.jpg

小田原カマボコの老舗・籠清さんの飾り付け。
女児の誕生を祝って、健やかに育って呉れと願う伊豆稲取の桃の節句の吊るし雛飾りがココの N e w Y e a r 飾りの習わしであるらしい。
ガキ時代からラーメンの中に入っているナルトを残して叱られておりましたのでね。
魚肉のすり身製品には今でもそっぽを向きますが、小田原駅前のコノ窓だけはだ~い好き。
「もう止めねば」と思いつつも撮っちゃいます。
ことしは例年になく華やかです。

    去年(⇩ ⇩)                             一昨年(⇩ ⇩)                                             
d0007653_8572836.jpgd0007653_858673.jpg


              おめでたついでの今朝の日の出、八丈島での初日の出は、三原山(東山)の裾野が邪魔をしました。
d0007653_9395081.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-10 09:32 | 今度は地元真鶴 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 09日

  新年会事始め

d0007653_10292766.jpg新宿二丁目に新千鳥街なる一角がある。
赤線街の面影をいまだに色濃く残していて、カウンターだけの小さなスナックがひしめき合う一角です。
その際奥の『スガンさん』なる飲み屋は、常連客がママさんに取って代わつて三代も続いたおかしな飲み屋さんでした。
少し離れたところには『銚盛館』、この二つのお店はママさん同士が知り合いで、一方のカウンターが満席になると「しゃ~ない、あっちに行ってる」の一言を残して客同士も行き来していた。

昨夜は八丈島での釣果を肴にした集まり、つまり『 新 宿 魚 業 協 同 組 合 連 合 会 』の新年会でしたが、集まったのはコノ二つの飲み屋さんを行き来していたかつての飲ん平たち。
『スガンさん』と『銚盛館』の同窓会でした。
少々遅れて参加したところ、唯一の獲物(ムロアジ)は跡形もなしでしたので、同窓会色の方がより強く感じましたね。
おまけに酔客達の宴会でしょ。
座は乱れ、釣りや八丈島の話などは飛んじゃってましたし・・・・・。
そんな訳で、獲物のないテーブルを撮っても、乱れたヤロウ達を映しても仕方がないので新年会のスナップはなし。

ついでですので「旨い、旨い」とパクついた八丈島の獲物に関してもひとこと嫌味を・・・・・。
「旨いうまいと喰らってたアイツはウツボの喰い残しだぞ。喰い残しがそんなに旨いか~?」
              嫌な性格で御座います。
[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-09 10:43 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 08日

  野生との遭遇

d0007653_7324924.jpg
階段横の隙間から見えるのは真鶴駅のプラットホームで、降り切った左側には真鶴中学校があります。
小さな街(人口 7 , 0 0 0 )とはいえ日本列島の大動脈、駅では構内放送が引っ切り無しですし、何時だってホームには人が佇んでる。
そんな東海道線をまたぐ跨線橋の上にチョコ~ンと。
逃げ出されてはマズイので一枚シャッタを切っておいて、「オ~イ」と下から声を掛けつつ階段を上った。
結構近くまで寄ることができましたが、一度も目を合わせることはなかった。

神奈川県の西部(小田原市)には ▼ S 派(須雲川 = 2 0 頭)▼ H 派(広河原 = 4 4 頭)▼ T 派(天照山 = 3 4 頭)の三つのグループがいるらしい。
こちらの子ザルは H 派、「団体で人里に出てはならん。出たい時は単独で行動しろ」みたいな厳命がボス猿から下っているようです。
コノ時も単独行でしたし、「見掛けた」情報の全てが"一匹だけ"なんだもの。
今回のお猿さん、母親の後をついて回る年頃のガキだと見ましたが、 H 派のボスはこの頃から鍛えておいでらしい。
集団で小田原市の住宅街に降りて来ては悪さを繰り返し、 TV 報道された S 派のお猿さん達とは違う良識派、5メートルほどにまで近寄りましたが歯を剥くでもなく毛づくろい。
友好的でもありますね。

d0007653_945153.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-08 09:06 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 07日

  毒魚の北上・・・・・

八丈島の東側、底土港の岸壁で、釣り竿を大きくしならせるのは何時もコイツが犯人でした。
ウジャウジャは大袈裟だとしても、覗き込んだ海の底にはコイツの姿が必ず見えるのだから相当の数が生息してる。
致死量の毒を持つソウシハギ、釣れ上がるなんて珍の部類に属したお魚だったのに、一日に複数匹もが針掛かりするのだもの。

底モノ師垂涎のお魚・イシガキダイを喰らって中毒を起こすとか、お魚には詳しいハズの漁師さんが死亡とか、最近は無毒魚での事故が多発する様になった。
原因は南の海に多いシガテラ毒を持つプランクトンの北上だと言われている。
地球が暖かくなって温帯の海が北上し、毒プランクトンを捕食したイソギンチャクや甲殻類が毒持ちに変わり、これらを餌とする魚介類も毒を持つ様になる食物連鎖が原因らしい。

コノ魚は何を餌としているのか?
コイツを調べてからじゃあないと食えなくなる。
そんな世の中になったらどうしよう、なのですよ。
ソウシハギの近縁に当たるのがウスバハギ、カワハギだって親戚ですよ!

お正月の海水温が22度、これって海開き( 7 / 1 )の頃の本土の海水浴場と同じです。
『羽田から55分の南国』、『東京都熱帯区』などと言う八丈島のキャッチフレーズも逆効果になりかねない。
d0007653_983227.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-07 10:32 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 06日

  東京都亜熱帯区で・・・・・

d0007653_9581191.jpg
我らが釣りの同好会、名称だけは『 新 宿 魚 業 共 同 組 合 連 合 会 』とデッカイのですが、実態はと申しますと組合員四人だけの小世帯でございます。
その組合員総出の新春釣行( 1 2 / 3 1 ~1 / 4 )を、今年もまた八丈島で行って参りました。
大晦日に釣り収めを行って、元旦にシマアジの大物・オオカミとか、カンパチとの熱闘を繰り広げで新しい年の門出を祝う。
何時もながら計画だけはデッカク持って !
釣果は?、と申しますと 丸々と太った巨大なアジを トロ箱一箱。
アジは鯵でもすべてムロアジ、コイツらの中では大物の 4 0 c m 越のヤツですが・・・・・。

最年少の組合員、と申しても60歳を越えるオジンが、膝のじん帯を痛めて間もないこと知りまして、今回は磯に出ることを取りやめました。
コレ、「八丈島まで出掛けてムロアジだけかよう」に対する言い訳に聞こえるかも知れませんが、決してそんなことではありません。
離島での最良の磯釣り場は、海に突き出した防波堤だと言うことが多いのです。
「超大物は釣り座が防波堤でゲット」だと言うこともよくありますしね。
釣りあがる餌(ムロアジ)のほとんどが 4 0 c m を越えていて、「こんなにデカイ餌を喰らうか~?」みたいな心配は御座いましたけど・・・・・。

防波堤を釣り場に定めたもう一つの理由、姿形には不満が残るものの、喰らうと滅法旨いウスバハギにありました。
釣り場探しには全島を回っても見つけられないかも?、と思えるほどに外海は荒れに荒れる三が日でしたので、泳ぎがヘタなウスバハギは湾内に逃げ込んでくるに違いない。
d0007653_1075863.jpgそんな予測もありましたので、現地ではユウレイと呼んでいるウスバハギは竿を下ろせば釣れ上がる大漁を予想しておりました。
水温22度の温かさでしたし・・・・・。

ムロアジ以外で針に掛かったお魚は、小型のハリセンボン複数匹と、これまた小さなエソにダツと複数匹のヨスジフエダイがすべて。
コチラ(⇨ ⇨)は海に吊り下げておいたカスリ網のムロアジを狙って網に喰らい付いて来た嫌われモノ。
と言うことは、持ち帰ったムロアジはウツボの喰い残し。
『新魚連』の獲物を楽しみにして新年会に集まる老若男女は、喰い残しを喰らうことに・・・・・。
ムロアジを餌にした泳がせ釣りの竿はピクリともしない四日間の釣り。
連日のようにウミガメ(⇩ ⇩)の回遊に出合い、「正月早々縁起が良い」日々を送りましたのに・・・・・。
d0007653_955239.jpg

[PR]

# by molamola-manbow | 2017-01-06 10:19 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)