Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 31日

HINANOの旅 嫁入りクルーズ⑦  『台風から逃げた』

神奈川の三崎を発って三日目(九日)、和歌山の田辺港・綱不知(つなしらず)浦までたどり付き、ホット一息のはずの『HINANOo』では、慌しい作業が続いていた。
ヤリ着けしていた船のヘッドを逆向きに停泊し直し、増しロープを取り、もう一度モヤイも結び直す。
台風養生に訪れた地元のヨットマンから、「直撃の恐れ」との情報が届き、大忙しのその手当て。
「情報量が少ない時」、あるいは「錯綜して判断のつきかねる時」は、その場で出来る最善を尽くしてじっと待つ。
d0007653_1018327.jpg船長の判断である。
夜になって「明朝五時出港」と判断は覆った。
高知の室戸岬辺りを向いてゆっくり北上していた中心が、偏西風に押されて急角度で東に向きを変え始めた。
こんな情報が船長の留守宅長崎から届き、九時のニュースと天気予報でもう一度確かめて貰った上で「明日早朝(十日午前五時)逃げ出そう」。
雨とカミナリ、「待て~」ってんで追い掛けてきましたけど、強風に翻弄されることなく、台風からはずぶ濡れの被害だけで逃げのびた。


HINANO』には港々の"陸ご飯"に精通している御仁の同行があった。
初日(七日)の行程三崎~下田を、三崎~稲取へと変更したのは「稲取には秀逸のキンメがある」。
下田での船泊まりで終わるハズの初日のレグは、これで変更になった。
風呂入って、キンメ食って、午後十一時に稲取港を離岸して、初日の内に第二レグの始まりはじまり。
d0007653_1702054.jpg爪木、石廊崎を真夜中に越え、一気に遠州灘、熊野灘を突っ走って和歌山・田辺港まで脚伸ばそうと距離は235海里と伸びた。
出だしナイトクルーズで始まるから、連続二日のオーバーナイトになる。
しかし、黒潮反転流を掴まえるコース取りの的確さと、『HINANO』の頑張りで船足は伸び、遠州灘の西端・大王崎(三重)の波切漁港に寄港できる余裕を生む。
ここでの狙いは貝づくし。
風呂にも入るから、十七時着、二十時離岸(八日)の貝づくし夕食は味をあまり覚えていない。

そんなこんなで、連夜のオーバーナイトから続くこの三日間、一番疲れるクルーズでした。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-08-31 00:21 | ヨット


<< HINANOの旅 嫁入りクルー...      HINANOの旅 嫁入りクルー... >>