Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 07日

海の才女は陸でも才女!

関東の帆走クルーザー・レース界で知らぬモノがいたら、そいつはモグリ。
そう断言してもいいでしょう。
常にレースをリードして先頭走るHayashi34+1custamの『第一花丸』。
強さの秘密は胴体のほぼド真ん中、筆太に、大胆に、力あふれるタッチで一気に書き上げた船名の勢いも加味しているんじゃないかな~と。
オーナー夫人、書道家の笙子さんの筆、小さいからだ(右から三人目↓↓)に秘めた力たるや、超ド級の"女丈夫"なんです。
d0007653_183153.jpg
昨日笙子さんにお会いして、パワーの一端垣間見た気持ちになりました。
「還暦迎えちゃいましたものですからね、何か記念を作りたいな~、ただそれだけが開いた理由ですよ。皆さん大勢尋ねていらっしゃって、とっても楽しいけど、最初で最後の展覧会よ
今日七日で終わっちゃいます。
銀座七丁目(六丁目かも知れない)の画廊『月光荘』で開いた油絵の個展。
d0007653_2310574.jpg『赤富士』、結構な大家になってもなかなか手掛けない題材に、果敢に挑戦して、しっかり自分のモノにして、展覧会で最も惹き付けられる作品に仕上げちゃっています。
書道の側らでこれをやる。
何処で絵筆握るヒマ作るのでしょう?
日曜祭日には夫婦で海に出てて、ラット握りっ放しでレース荒らし回って、こないだは若いクルー引き連れて往路だけでほぼ一昼夜掛る八丈島クルーズです。

KENNOSUKE CUP通じて仲がいいクルー同士、舳先接してすれ違う艇に、ジブシート・ワイヤーにカラダあづけながら笙子さんが大声挙げます。
「ネ~ッ、きょうワタシ、ノーパンよ~」
声掛けられた船、『Hinano』でも、西伊豆の『美如佳』でも意味わきまえていますから構いませんが、就業中の漁師さんが聞いたら、釣り上げたサカナ取り落としかねないビックリでしょう。
海水パンツがあるなら農業パンツもあるだろうのノリ。
つまり、ノーパンとはモンペ指す、林艇同士の共通語なんですね~。

そういえば『第一花丸』クルーの着用する白いポロシャツの胸元も、フリーハンドで笙子さんが描いた花束模様。
書の筆も絵筆も、同じってことなのでしょうか・・・・・。
d0007653_2346994.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-09-07 07:34 | ヨット


<<   『HINANO』のオーナー上京      カラスのカ~コ >>