Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 30日

「お蔭さまで三年」だそうです

d0007653_7332051.jpg
d0007653_7341017.jpg木製家具の数々が味わい深い飴色に変化して行くまで、長く長くお客さんに愛されながら歩んで行きたい。
志しや良し、の若いご夫婦が豪徳寺で始めたお蕎麦屋さん『あめこや』(要予約=03-3439-3602)が三周年を迎えて、「いつも何時もご贔屓、ありがとうございます」と、一杯の梅酒を振舞われた。
スパークリングワインの様な炭酸割り。
どちらかと言えば炭酸なんかで割らない方を好みとするが、中に沈めた一粒の葡萄がすこぶる付きの旨さ。
宴会やる時に、コイツ作っとけば大受け間違いなしだな~と、いいヒントを頂きました。
d0007653_9132695.jpgアユのウルカにホヤと生カラスミで『農家の嫁』なる初めての焼酎味わい、愛媛の〆鯖を突付く。
一本釣りの鯖となると豊後水道の関鯖が有名だけど、愛媛と言えば限りなく大分・佐賀関に近いじゃないですか。
「どうしたんだい?、空輸かい?」
「イエイエ、ウチではそんな贅沢できません。関鯖も高根のハナですから、近いところのヤツを築地で」
少しチマチマし過ぎるけど、『あめこや』は酒の肴も旨いんだ。
d0007653_9213553.jpgd0007653_9214893.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2009-09-30 08:04 | 酒・宴会・料理


<< 世界を一周した最初の女性とブー...      実り寂しい石榴に思う >>