Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 05日

早くも初釣行の準備

「今年はひとり増えて五人だ。都合いいかい?」と尋ねてきたあと、再び電話が鳴った。
「予約したよ。何時もの部屋だ」
「たまには他に行こう」な~んて浮気心起こしたこともある。
しかし、民宿の居心地がいいのでかれこれ十五年ほどもお世話になっているお正月の式根島初釣行、「船の予約が取れた」との連絡である。
船底の一隅に陣取って、大勢と一緒に雑魚寝決め込んだって一向に構わないのだが年に一度の釣行だ。
「少し贅沢しよう」となってベッド付きの個室取るようになってからは、売り出しと同時にチケット申し込まないと部屋が取れない。
コイツをこまめにやってくれる釣友からの連絡である。
d0007653_832021.jpg
月日の経つのをやけに遅く感じる時代もあったのに、いまでは『光陰矢のごとし』をつくづくと感じる電話。
餌取りの集団に音を挙げ、竿放り出して磯で昼寝決め込んだ一時もあった去年の釣行を思い出しちゃって、「もうそんな時期になったんだ~」と釣具屋に自転車飛ばすことになった。
号、8・25号、8・5号のメジナ針三種類と号テグス、安物のセルロイド(?)ウキ二個などの買い足しです。
竿一本分ほどの棚まで餌を持って行きたいのに、風が強いとなかなか沈んで呉れない。
で、餌取りの集中砲火を浴びることになる。
浮力の強いセルロイド・ウキは、かなりのオモリを背負えるから、「こんな時に威力を発揮して呉れるだろう」
早くも胸算用とは、こちらの方も矢のように早い。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-11-05 08:15 | 潜り・磯釣り・海


<< 北沢川のタヌキ      初めてきいたぞ中国語の♪Hap... >>