Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 30日

『Hinano』と『ひなの』と久我耕一

「ママの膝の上は居心地がいいし、会話の邪魔しちゃ悪いと思ったから静かにしてたのヨ。それなのにすぐにこれだもの」と、五月に生まれた『可帆ちゃん』。
「ちょっと抱かせろ」とママの膝の上から引き離され、すぐに他からも手が出て「どれどれ、オレにも貸せ」
「貸せとはなによ、可帆は荷物じゃないんですからネ
d0007653_43291.jpgd0007653_435665.jpg
d0007653_443476.jpg小さな列席者はもうひとり他にも。
アルコール中毒になって、医者に酒を止められていた久我耕一が、「一杯だけ飲ませろ、一口でいい」と駄々こねて誕生を祝おうとした甥っ子のムスメ『ひなのちゃん』。
可愛くなって、綺麗になって、大人の中にチョコ~ンと座ってるの見ると、『ひなのちゃん』の誕生日、昨日のことのように鮮明に浮かんでくる。
コックピットに闇が迫り始めた二〇〇三年四月二十一日の夕刻でした。
伊豆大島の南端・波浮の港をかわし、利島の黒い影を横に観る辺りだったろう。
「女の子が生まれた。アイツ、『ひなの』と名付けやがった」。
甥っ子・ヒサオの第一子誕生を、キャビンから飛び出してきた久我耕一は、このように告げて「喜べ、この遠征は成功するゾ~」と叫んだんだ。

三人のロッククライマーを四十二フィートのセーリングクルーザー『Hinano』に乗せて、絶海の只中にニョキッと屹立する>『孀婦岩』b>まで運ぶ、旅の初日に誕生したお嬢ちゃんである。

久我耕一の一周忌はワンディツシュを持ち寄って、二十九日の命日にサプライズ付きで賑々しく
酒を断たれても、大勢で騒ぐのが好きだったんだ。
一年経つのも、『孀婦岩』からの月日も、アッと言う間を感じた昼から夜。
d0007653_5555352.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2009-11-30 09:39 | ヨット | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/10508741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つーせ at 2009-12-01 00:16 x
可帆ちゃんもひなのちゃんも可愛かったね~~。
み~んなジジ・ババの心境。
Commented by molamola-manbow at 2009-12-01 09:17
可帆ちゃんの『帆の字』、意味深ですね~。
恐妻家には見えないけれど、パパよりママの意思感じちゃって・・・・・。


<< あと一ヶ月        もう一度だけ『何羨録』 >>