Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 22日

ナンダ?、コレ・・・・・

烏賊のゲソに衣をまとわせて揚げたような形。
脚の短さ、太さ、色を考えると、甲烏賊類の脚は、こんな形に揚がるかも知れません。
で、「ナニ、何に、コレ~?」
料理の注文者には素材は判っているのだけど、お相伴にあずかったその他大勢は口に入れても判らない。
カリッとした衣は、途中でキシュッとした食感に変わり、それから中味の味へ。
d0007653_11592580.jpg肉なのか、魚なのかの区別ぐらいは判って欲しかったけど、「ヤサイの何かァ~?」なんて~のまで出た。
正体は繊細な味を持つ高級素材のアマダイを、ゲソの様に切り刻んだ揚げ物。
極めて淡白な素材だから、衣に工夫を加えてキシュッの食感を加えたのだろうが、肝心のアマダイの存在感は消えてます。
おいしいし、形も面白いのだけどね~。
「白身のサカナならアマダイじゃなくてもいいかも」、「料理として、素材の味殺すのはどうかな~」の疑問は起きます。

京王線・幡ヶ谷駅から徒歩五分ほどの甲州街道沿い、『名菜館』の一品。
一度お試しあれ。
[PR]

by molamola-manbow | 2009-12-22 08:18 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/10580652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 仙人 at 2009-12-22 21:46 x
このところ連続UPで毎晩楽しみです。
美味しい話に目のない仙人ですから。

拙者もモクズガニと見ていますがね・・^-^

その昔田舎で食べた味は忘れられませんね。
面倒な部分は殻ごとバリバリ・・汁味だけを^0^・・・。

「白身のサカナならアマダイじゃなくてもいいかも」・・賛成!。
アマダイは皮ごと焼くのが京の味・・もったいないね^-^
Commented by molamola-manbow at 2009-12-24 10:59
仙人さん、ツメに生えているもじゃもじゃ、あれって寄生植物じゃなくて、自らの毛なんだそうですね。
英名・手袋蟹(mitten crab)。
友人が調べてくれました。
Commented by 仙人 at 2009-12-24 17:33 x
ムハハ^0^・・あれは毛ですよ^-^
Commented by molamola-manbow at 2009-12-25 09:00
ご存知でしたか。
モクズなどとあるので、てっきり植物だと!


<< 粋な贈り物      上 海 蟹 >>