Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 25日

喜望峰を回った

d0007653_10462387.jpg
確かblog登場三回目、こうなったら、もう友達みたいなもの、ちゃん付けで呼んじゃおうと、ジェシカ・ワトソン(Jassica Watson)ちゃん。
小さなヨットで単独無帰世界一周に出た十六歳のAussie娘が大航海時代に先人達の苦心した喜望峰を征服し、その先百五十キロほどにあるアフリカ大陸最南端の岬・アガラス(南緯34,50,00、東経20,00,09)も二十四日に回りました。
大西洋を抜け、インド洋に入ったことになります。
d0007653_1032115.jpgたったひとりでこんなところまで来たことを「非常に刺激的で怖い」と感傷にふけっておりますが、そこはそれ、大らかなオーストラリアンの現代少女です。
チョコレートで祝って、「次はCape Leeuwin !」と、初めてオーストラリアの具体的な地名を口に出しました。
調べて見ると、ルーウィンはバース市の南二百五十キロほどに突き出したオーストラリア最西南の岬です。

南アメリカ南端(ドレイク海峡)を回る前後は、四階建てのビルの高さに匹敵する巨大なウネリを伴う嵐に泣きましたが、インド洋では「完全な青空、暖かい風、穏やかな海、癒されるアホウドリの群れ」に囲まれている。
アフリカ大陸最南端・アガラス岬を回った夜も、「満天星と巨大なオレンジ色の半月」の祝福。
風の力を利用した自動操縦器・ウインドベンも快調に働いていて、破けたメインスルを新品に取り替える作業も終えた。

シングルハンドの無帰港世界一周に、"最年少"を刻み込む旅の成功、ジェシカちゃんは確信しました。
ゴールのシドニーへ、まだまだ先は長いクルーズを「Only4,200マイル」。
詳しくはこちら
[PR]

by molamola-manbow | 2010-02-25 09:24 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/10802863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   ①縄文文化を新大陸に伝えた古代人      真夏に柿が食えるかも・・・・・ >>