Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 19日

  帆 船 その1

           日本丸                        海王丸 
d0007653_8443058.jpgd0007653_8445093.jpg
d0007653_1549441.jpg全ての帆に風をはらませて海を行く帆船の姿、まだ観たことがない。
海の日の雁字搦めの岸壁で見上げる全帆展帆だって、思わず唸り声上げる見映えだから、「この姿で海を走ってる姿を観られたらな~」と、胸は膨らむ。
帆なんて一枚も掲げていない姿だって、双眼鏡持ち出して眺めちゃうほど、海の上のこいつらは美しいんだ。
これらの帆船(⇧ ⇧)には、老いも若いも、女子も男子も、経験者じゃなくても乗ることができる。
何回か乗船体験のあるヨットの仲間三人ほどから、「こんなコースのクルージングを募集してるよ」と、何度か誘われてもいた。
あまりイイ返事をしなかったのは、「乗っちゃったら、全帆展開、総帆展開が見られないじゃん」に尽きる。
真下から仰ぎ見るより、少し遠目から全容を眺めてみたいと思う単なる野次馬、乗ることには左程興味がないのです。

コチラ(⇨ ⇨)も現代の海を走る一般人の乗船可能な帆船です。
豪州・フリーマントル港で一九九六年に進水した『エンデバー』。
キャプテン・クックの最初の探検船『エンデバー』(一七六八年)を、細部にわたって忠実に復元していて、世界中を巡航している。
そのうち日本にやってくることもあるだろう。

[PR]

by molamola-manbow | 2010-03-19 07:30 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/10839845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 気になる船ふたつ 帆船その2        ♪ 山に 里に 野に 庭に >>