Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 05日

西湘彷徨の成果

d0007653_550420.jpg
掘り立ての春たまねぎも、こんなイロとカタチしてます。
爽やかな辛味が旨いノビル、しかし、コイツの大きさは親指のツメ程度、小さいモノは小指のツメほどしかありません。

d0007653_551269.jpg「オモリ捨てに行かないかい?明日は天気も回復して暖かくなりそうだよ」と電話がきて、急にカサゴの煮つけが食いたくなって、西湘海岸のゴロタ石の浜を徘徊した日曜日の成果です。
相模湾に突き出した某ゴロタの石浜は、左右に突き出した岬には釣人の姿が絶えたことないのに、浜にまで降りて竿出すヒトは皆無に等しい。
それなのに、魚種の豊富さといったら・・・・・
夏場に銛持って潜って、三キロ越える胡椒鯛を突いたの、ここでした。
石鯛の四キロ越える大物みて、「まだ、こんな近くに潜んでいたんだ~」と驚きましたし、おいしくないんで獲物にはしない三の字とか、ベラの仲間の大物・テンスとか・・・・・。
中でも多いのが岩陰のそこかしこから顔出してるカサゴなのです。
底のゴロタにしょっちゅうオモリが引っ掛かる難点を我慢すれば、数釣り間違いなしの穴場です。
 
d0007653_5503938.jpgだが、しかしでした。
少しも暖かくならなかったし、ポツンポツ~ンと雨は来たし、カサゴは穴の奥に入ったまま、冬眠状態(多分)だったし・・・・・。

で、焼酎のお湯割りとなって、釣りクラブ『新宿魚連』は、『新宿農協』に変わって、西湘徘徊の成果はノビルとクレソン。
カサゴの煮付けにありつくの、もうしばらく我慢です。
転んでも只じゃ起きませんでしたが・・・・・。
d0007653_6415687.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2010-04-05 07:52 | 潜り・磯釣り・海


<< 薬 缶      ポリネシアン旋風の H o n... >>