Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 28日

  インドネシアの古代カヌー

d0007653_758968.jpgd0007653_1802249.jpg
d0007653_7592766.jpg復元古代カヌーでインドネシアのジャワ島から、上海万博経由日本まで。
古代民族の拡散ルートを往く"海の道"クルーズがこの夏に計画されていて、女性限定で日本人クルーを探しているお話、以前にほんの数行載せた
その復元カヌーの完成予定日、来月十日だといいますから、お尻に火が付いている時期ですが、ジャワの船大工さんは実にノ~ンビリと仕事をしているようです。
女性クルーを募集中なのが「間に合うのかな~」と、少し心配なこのカヌー、北京では中日両国で同時建造された遣唐使船と合同で、セレモニーを行うことにもなっている。
十三~十五世紀にジャワで栄え、マラッカ海峡、スンダ海峡をも支配した『マジャパヒト王国』の交易カヌーを復元した船だといいます。
完成図をみると、船体の両舷に竹竿の束で作ったアウトリガーを突き出した全長二十メートル、幅四メートルのダブル・アウトリガー。
大きさは一昨年、ハワイから帆走してきたダブルカヌー『Hokule'a』に匹敵する。

全長八メートルのシングルカヌーを駆り、六名の勇士がミクロネシア連邦・サタワル島から沖縄に乗り込んできたのは、一九七五年の沖縄万博の時でした。
世界を仰天させた四十七日間、三千キロのクルーズです。
「オマエさんの知り合いに誰かいないかい?」と、声を掛けられても積極的になれなかったのは、沖縄万博に乗り込んできたこのカヌー、『チェチェメニ号』(↓↓)の小さな姿が頭をよぎったから。

比べるとちょっと安心の大きさですが、二本マストの帆の形では風上には進めそうもないし、極めて扱いにくそうな形のカヌーです。
インドネシアと日本マジャパヒト協会のプロジェクト。
d0007653_6411967.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2010-04-28 06:46 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/11016905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< リベンジの島        昭和の釣り 戦前の釣り >>