Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 07日

不思議が起こる

薫風薫る春霞の海を、のどかにセーリングクルーザーがゆきます。
クルージングには打って付けの伊豆七島のGW
間断なく五~六メートルの南風が吹き渡っているのに、海はあくまでも穏やかな平らな海面を提供し続けている。
磯に乗っかって糸たらすコチラには穏やか過ぎる海、ユラユラ揺らぐウキを眺めていると眠気に襲われる潮止まりの海、「いいな~、コッチより」と、遠い当たりに飽きがきている昼時だから、益々アッチに気持ちは行く。
「何故にジブセールを縮帆してるんだい?」とか・・・・・。
d0007653_1018211.jpg
こんな時ですね~、不思議なことが起こるのは。
四川料理のシェフ殿がメジナ狙いのウキ釣りの針に、特大級の伊勢海老を引っ掛けました。
「海草だと思ったらよう、脚に糸からませてこんなのが挙がっちゃったよ」

「朝と夜働くから泊めて」と宿屋のご主人に無理を言い、パチンとウインクして宿代ロハにした常連の娘さん、これも宿代ロハの一貫なのでしょう。
磯の先端まで昼飯担いで届けてくれた。
「ありがとう」だけで邪険に追い返しちゃあ可愛そうだから、しばし磯の上で歓談タイムです。
その時に投げ込みっ放しにしていたmanbowの竿に、今度はウツボが喰らいついて挙がってきた。
底物釣りではウツボを掃除してからじゃないと石鯛は釣れない。
先ずはウツボ掃除からが釣りの始まりだけど、ウキのフカセに喰らいつくなんて・・・・・。
伊勢海老に腹抱えて笑ったしっぺ返しは瞬く間だ。

もっとも、上には上を知っている。
生餌のシコイワシを鼻掛けにしたワラサ釣りで、海面に浮いたシコイワシをカモメにさらわれ、空中高く凧揚げしてた友達をみている。
「コラ~、何してやがる、そこの~ッ」と、この時にはビックリマーク三連発の船頭さんでした。d0007653_1149482.jpgd0007653_11511579.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2010-05-07 06:06 | 潜り・磯釣り・海


<< 海ん虫      内部分裂? >>