Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 08日

海ん虫

d0007653_750814.jpg
コイツ眺める度に「世の中知らないことだらけだ~」と、薄っ気味悪さ忘れて観察する。
眺め終わった結論も同じ。
「円谷プロに教えてやりて~」となるんです。
スクリーンに登場させたどの怪獣よりも、薄気味悪さと恐怖感で上回り、「あんなの足元にも及ばね~!
サカナ食えなくなるといけないから、「下の写真は見ない方がいいかも」の気味の悪さだ。

節足動物の甲殻網に属するから海老や蟹の仲間。
ここから細かく分類して、学者先生は等脚目ウオノエ科(魚餌科)に所属する『タイノエ(鯛の餌)と名を付けた。
生息場所は魚の口腔。
鋭く尖った合計十四本の脚で口の中にへばりついて寄生し、宿主がパクリと吸い込んだ餌のおこぼれを頂戴するヤツ、へばりついた口腔の壁から生き血吸うヤツ・・・・・。
寄生の仕方で分類され、何種類かが居るらしいけど、詳しい生態はよく分かっていない生物です。

写真のヤツは、真鯛の口の中でよく見かけるので『鯛の餌』。
「オッ、餌さだ~」と魚に思わせてパクリとやらせ、入り込んだ口の中でそのまま寄生を始めるんだとか。
寄生主が死ぬと、オコノコ這い出してくるから、別の宿主を探すんでしょう。
ヤデしょうね~、こんなのに住み着かれたら。
魚屋さんの店頭で見かけることのない怪物、釣人だけが知る生物かもしれません。
大きさ三センチ強、米粒程のも見掛ける(三枚とも左が前部)、住まいは一番下のブダイの口腔。
d0007653_842728.jpgd0007653_8422290.jpg
d0007653_10144879.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2010-05-08 09:14 | 潜り・磯釣り・海


<< カナヘビ      不思議が起こる >>