Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 10日

東京湾の孀婦岩

d0007653_12474749.jpg
d0007653_7231654.jpg法衣着て木魚の前に座るお坊さんの後姿に見えなくもない。
頭巾かぶった絵本の中の魔法使いの御婆さんも、後姿はこんな感じに描かれていた。
春霞の中におぼろに浮かぶコイツ、アクアラインの通風・排気用に作られた風の塔、近づくと白とブルーの横縞模様に塗り分けられていて、ヨットの帆をイメージしていることが判る。
眺める度にmanbowの頭をよぎるのは、伊豆諸島に沿って真南に下ること650キロ、小笠原トラフの深海・2,000メートルからグイ~ンとせりだして、その頂上部分99メートルを海面から突き出している岩塊・孀婦岩(そうふいわ)です。
もう少し痩せた姿で屹立してますが、風の塔に一番似て見えるのはコノ角度(→→)でしょうか・・・・・。
眺める角度によって様々な姿に変わるコノ岩塊に、ヨット『Hinano』で三人のロッククライマーをとどけている。
d0007653_7525925.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2010-05-10 08:09 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/11080515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Aussie娘・Jasicaち...      カナヘビ >>