Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 13日

夏休み①  八丈は三年経っても情け嶋

  なみを チャプ チャプチャプ チャプ かきわけて       丸い地球の 水平線に何かが きっと 待っている
         チャプ チャプ チャプ                 苦しいことも あるだろさ 
   雲をスイ スイスイ スイ 追いぬいて                 悲しいことも あるだろさ
         スイ スイ スイ                    だけどぼくらは くじけない
   ひょうたん島は どこへいく                    泣くのはいやだ 笑っちゃおう
   ぼくらを乗せて どこへいく ウウウ~                進め~ ひょこりひょうたん島
                                           ひょこりひょうたん島
                                           ひょこりひょうたん島
d0007653_4455033.jpg
いまだに根強い人気の N H K の人形劇・『ひょっこりひょうたん島』のモデルは、全国にタ~クサンあるようだけど、伊豆七島の南端・八丈島もそのひとつ。
何たって瓢箪の格好してるし、水平線にポカ~ンと浮かんで、雲追い抜いたり、波掻き分けたり・・・・・。
島民は「モデルはココ」だと、断言してやまない。

頂上を白い雲に覆われた八丈富士を、スダジイ中心の照葉樹林で覆われたコチラ・三原山側の『登龍峠』から眺めると、島の生い立ちがよく分かる。
d0007653_7212782.jpgドッカ~ンと二箇所から噴火が起こって、積もった溶岩流でひとつにつながった島なんだ~。
イヤイヤ、三箇所で噴火が起こり、つながり切れなかったのが今は無人の八丈小島として残ったんだ~。
神津島産の黒曜石でナイフや矢じり作ってた島の祖先、何処からどんな方法で渡ったんでしょう・・・・・?
縄文前期、七千年前には人が住んでたんです。

夏休み先はそんな島。
潜って、釣って、飲んで、食って、かわいさ絶頂期の島一番の美人との逢瀬を楽しんで、海を満喫して帰ってきた。
「バイバ~イ、ジャ~ネ~」
恋焦がれて逢いに行ったのに、チョッピリ不安の残る別れだったな~。
極めてあっさりと、右と左だったんだ。
当年三歳のアビ、面倒見のいい小学校二年の兄ちゃんは K 也と言うんだ。
d0007653_620318.jpgd0007653_6204668.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2010-08-13 07:06 | 潜り・磯釣り・海


<<   夏休み②  飲むならここ、...      発見! ズラ~リ学食メニューの店 >>