Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 22日

  クルー逃亡、航海頓挫!

d0007653_16294467.jpgチョット心配、かなり心配」だと思っていたインドネシアの復元古代カヌー『マジャパヒト・スピリッツ』号、とんでもないことになっていた。
日本目指す帆走クルーズの出発式(ジャカルタ=七月四日)のあと、ブルネイ経由でマニラ(八月四日)に入港するまではとりあえず順調だった。
性能未知の復元古代帆船操って、一ヶ月でおよそ三千キロ走破です。
ところが、マニラからピクリとも動かなくなった。
モタモタしてたら、台風シーズンに入っちゃいます。
「チョット心配、かなり心配」だと停船の理由を調べてみると・・・・・。
いまでも疑問が多くてよく判らないのだけど、結論言うと「日本までのクルーズは来春に延期」です。
「どうして?」の訳は「インドネシア・クルーが全員逃げちゃったから」。
スキッパー(海軍大尉)含めて消えたのです。

「翌日は沖縄への旅立ち」(八月十三日予定)と決まったその前日、船はモヌケのカラになっていたんだといいます。
日本人クルーのひとり、海洋冒険家見習いさんblogを読んでも、モヌケのカラになった理由は判らない。
在フィリピンのインドネシア大使館がクルー全員(海洋民族バショー族)を本国に帰国させちゃった理由も判らない。

バスコダガマ、コロンブスが活躍した大航海時代のクルーは無頼集団、逃亡は日常茶飯事でした。
今回の『マジャパヒト・スピリット』は、曲りなりにも日本とインドネシアの二国プロジェクト・・・・・。
日本側の窓口が口閉ざしたままなのもおかしい。
地球温暖化が航海中止の理由とはね~。

どのような展開たどるのでしょう?
十三世紀から三百年近くも栄え、倭寇の来襲を撃退したともいわれる王国の古代船を復元し、東南アジア諸国を回る意義・・・・・。
根本理由が理解されていないクルーズに前途はない、と思える逃亡劇です。
[PR]

by molamola-manbow | 2010-09-22 06:27 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/11934768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 秋の空?      こゆるぎ弁当 >>