Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 10日

新年会

d0007653_951234.jpg
例えピントが合ってたとしても、コレじゃあ何か分からないでしょうがウツボのぶつ切りです。
新春釣行の一発目だからと持ち帰って、味噌漬けにしておいたヤツ、釣友の新年会に持参してテーブルに供しました。
例年だと式根島の磯で釣り上げたヤツ、刺身に煮物に鍋にetcと、それはもうタ~クサンが並ぶ宴会なのですが、ことしはたったこれだけ。
寅年の去年も式根島行きがポシャって獲物ゼロの新年会。
『新宿魚業共同(協同だったかな)組合連合会』な~んて、大層立派な名前を持った釣りの同好会として、二年続きで獲物なしでは参加者に顔向けできませんもの。
たとえウツボでも、釣ったサカナを供さなければ・・・・・。

その、宴会の余興の筈の獲物、大好評をはくしました。
悪戦苦闘して三枚におろしましたから、サカナの中で一、二を争うであろう固い骨が残った切れ端もあったはずですが、そんなのも含めてのもの見事に食い尽くされた。

包丁を拒絶するウツボの皮、戦争中はコノ丈夫さを見込んで靴に加工されてたといいますから、食卓にあげる地域は外房一帯とか四国とか限定されてて普通は食べませんけど、持ってった贔屓目抜きにしても旨かった。
干物とか、甘辛く煮付けるとか、そんな食い方よりも味噌漬けがいい、と思うほど旨い。
あまり好かれなかった舞鯛、コイツがベッコウ漬けで甦り、伊豆大島の名物料理になったのと同じです。
皮を引き、三枚に下ろすには、それはもう大奮闘をしなきゃあならないけど・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-01-10 10:13 | 酒・宴会・料理


<< ツグミかな?      coffeと呼ぶ飲み物  >>