Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 08日

崖観音下の不思議空間

d0007653_8595927.jpg
房総半島の先端部分、館山市と南房総市を分けて東京湾に突き出した大房岬の根っ子辺りに近辺の漁師の守り神、那古船形の崖観音こと大福寺がある。
赤い回廊は海からの眺めが一番似合い、船形港への絶好の目印にもなる。
房総半島の真ん中を貫通する高速道路がアクアラインとつながり、旧道を通る車が減ったので、陸から眺める機会も限られましたけど、日本全国、道は旧道、旅は旧道なんでっすよね~。
その旧道通っても、崖観音まで足を運ばない限り、この店『MARINE YASUDA』は見付けられない。
ご覧の通りの掘っ立て小屋なんですけどね~。
中に入ると原宿辺りに店を構えりゃあ、海好きでごった返しそうな海グッズが目白押しなんだ。

d0007653_10592762.jpg店は鍵が掛ってる方が多くって、今回訪れた際も留守でした。
呼び鈴押せばでてくるけど、さしあたっての用事もないし、ドアの隙間にメモ挟んで退散しましたから、近々もう一度訪ねなければなりません。
この再会を含め、楽しみにしてたアオサ畑も盛期は過ぎてて、ろくな収穫なし。
たった一つ、知恵をつけたのは団体バスが停まる道の駅の産物イロイロ、市価の倍近くも吹っかけてるってこと。
那古船形の市場で買った煮干、五百二十五円也が街の魚屋さんの店頭では二百五十円也。
同じ品物に見えたけど、はっきり確かめたわけじゃあない。
長崎・伊王島で喰らった煮干の味、滅法旨かったものでボリボリするために買ったのですけど・・・・・。

d0007653_1182031.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-03-08 09:00 | ヨット | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/13070280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< カマキリの揺り籠      東京~房総一時間半 >>