Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 13日

調査捕鯨

シー・シェパードには何一つ貸しも借りも御座いません。
あの人達のやってるコト、我慢の限界を超えてて、報道される度に向かっ腹が立って血が頭に昇っちゃう。
事故が起こってあちらさんに死者が出たとしても、それみたことか。
可哀想だなんて気持ちは微塵も湧かず、自業自得と思うだけでしょう。
そのシー・シェパードの調査捕鯨妨害船二隻、豪州・ホバート帰港直後に警察が立ち入り調査に入ったと伝えていた。
「取り調べ、シッカリ頼むよ!」と、願ったのはかなり前のことになるけど、続報を聞かない。
ウヤムヤにされちゃあ、アカンぜよ、のひとつだ。
d0007653_11161294.jpg
と同時に、「調査捕鯨って、いったい何だァ?」の疑問も依然として御座います。
妨害行為が原因の調査中断で、今回の捕獲頭数は予定の五分の一、百七十頭にとどまったのだそうです。
と云うことは、毎年毎年、日本の調査捕鯨船って百七十頭の五倍のクジラを捕獲していた。
こんなに沢山捕獲して、何を調査しているんでしょう?、したいのでしょう?
捕獲したクジラはタグ付けて、またリリースしたりするんじゃないんだ。
み~んな殺して、肉を食卓に上げ、鯨肉屋さんに回すんです。
調査報告書が示されたこと、私が迂闊なだけで、国民はみ~んな知ってることなのでしょうか?
百七十頭掛ける五倍を毎年殺す根拠、殺して得た調査とその結果、コイツはちっとも耳に聴こえてこない。
d0007653_11242455.jpg断片的に「十分に頭数は回復した」とか、「クジラが食うからイワシの漁獲量が減った」とか・・・・・。
畑の肥料に使われるほどイワシが獲れてた時代には、外房とか和歌山でもクジラ漁が盛んだったんですよ。
つまり、調査捕鯨って~のも胡散臭さプンプンです。
クジラを食わなきゃ、飢え死にしちゃう国じゃない。
小学校の給食で出たタツタ揚げ。
あれ以来クジラとは縁遠い生活が続いていて、クジラ離れには年期が入ってる。
シー・シェパードの横暴さえなきゃあ、鯨肉なんぞ要らね~派なんですよね~。

知りたいこと、もうひとつ。
『偶蹄目牛科のクジラ亜目』に分類されるイルカさんやゴンドウさんやナガスさんたち、彼らも『狂牛病』には罹るんでしょうか?
狂牛病は牛に限らず、偶蹄目を狙い撃ちする病気ですよね。 
[PR]

by molamola-manbow | 2011-04-13 10:07 | 潜り・磯釣り・海


<< クヌギの花      方 言 >>