Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 25日

八丈島の隠れ家 NO1 『Bird’s Cafe』が消える・・・・・

入口の引き戸から中を覗くと、四キロ、五キロの大鯛だって御頭付きで丸ごと焼けるデカ~イ囲炉裏を切ったテーブル席が五つ。
席はすべて埋まっているか、予約の名札、奥にある個室の椅子席にも人影が見えた。
戸を開けると、チッチャイ、もみじ状の手が目ざとく見つけておいでおいで。
「マンボウさん、こっち、まってたよ~。ココ、ココ、アビのとなり
天然巻き毛の三歳児ホステス、アビの隣りには、小学校三年ホスト 也お兄ちゃんも居て、この店紹介してくれた b l o g bの友・ミントさんまで来てた。
d0007653_1191173.jpg
お店を経営してるのはアビと 也の両親、パパは充電中のコピーライター、ママは島の絵描きさん。
このお店『 Bird’s Cafe 』がまた、ひどいんだ。
昨日の『のんぶらり』は曲がりなりにも、お店の近所に道案内の看板をひとつ出しているけど、ココは何ひとつ出ていない、出していない。

d0007653_14195511.jpg建ってるところだってこんな場所(←←)。
海からは丸見えだから、東海汽船の『さるびあ丸』で底土港に入ればよ~く見えますけど、例え丸見えでも工事現場の飯場みたいですもの。
観光客は来ませんし、島の人たちだって二の足踏みかねない立地にあるんです。
コイツが m a n b o w の途轍もないお気に入り。
「もっと足繁くくるんだった」と悔やんでも、今月いっぱい(二十六日)で閉店になっちゃう隠れ家なのです(だったかな)。
充電期間を終えて、イザ出陣と、居を東京都内に移すための店仕舞いです。
「閉店します」聞いてギリギリ間に合った。
お店は惜しむ客で連日の大入り。
居酒屋には珍しく、小さな子供連れのご飯目当てのお客さんも多くって、 m a n b o w のアビ・ホステスもお隣りのガキんチョ客にすぐ奪われた。

このお店を知ったのは、ペルセウス流星群直下の風良し、波良し、オトコだらけ四人だけが不満の、やはり H i n a n o によるナイトクルーズ(二〇〇七年夏)が最初だったから、まだ五年も経ってやしない。
アビ・ホステスよ、オマエさんはまだお腹の中だったんだぜ
d0007653_15235724.jpg
こちらは神湊漁港(↓ ↓)、写真のダイブ船(第五つる丸)の辺りに H i n a n o は係留して、孀婦岩登頂を遂げたロッククライマー三人は、船の向こうの休憩所(ベンチ、トイレ、水道付き)で骨を休めた。
山のオトコは船よりも陸地の方が「ゆっくりやすめる」
そんな理由で船停まりから逃げて、往路の八重根港でもテントを張ってた。
d0007653_1550755.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-03-25 07:11 | 潜り・磯釣り・海


<< 八丈島のアオサ      八丈島の隠れ家  『のんぶらり』  >>