Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 09日

コゴミの味

色鮮やかなコゴミの深緑には、お皿を染め抜かんばかりの勢いがあった。
その緑を胡麻汚しと、ナチョラルな塩茹でにしてマヨネーズを添えた。
神奈川・生田台地の日当たりの良い南斜面にドサッと植えて居るお隣りさんからのお裾分け。
隣り合って一緒に住まう計画だったお兄さん、「気候が合わん」と田舎暮らしに ターンしちゃって、そこはいま弟さんの庭。
で、ひとり残った弟さん、庭をコゴミで満たして郷里・秋田を偲んでる。

d0007653_9254857.jpg腰に熊除けの鈴付けて、残雪随所の山野へと分け入った口に違いない。
蕗の塔なんかそこかしこでしょう。
ネマガリダケ探しに笹藪分ける五、六月辺りまで、東北の山は山菜の宝庫なんだ。
春の七草だって芽吹くのはこの季節、呼応して、ワラビにゼンマイ、フキ、ノビル、ウルイに山ウド、セリ、花ワサビと一斉です。
背負子はすぐにいっぱいになる。
ゼンマイ、ワラビは保存食としても大切だからうんと採る。
釜茹での後は天日干しだ。

東北人にそんな余裕、今年は来ない。
後片付けだけで、いやいや、ソレさえも手を付けられぬまま春は往くんだ。
山菜採りが回復し、谷でお握り頬張る日を、応援しなくちゃならない味です。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-04-09 09:27 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/13344193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< タチツボスミレ(立壷菫)      生田台地のサクラ >>