Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 22日

  背負子と籠

d0007653_8364789.jpg連れ合いが夜遅くまでパソコンにしがみついていたので、「もしや・・・・」と思って朝一番に茶布"のブログを開いてみた。
案の定である。
胸騒ぎってえのは、あるんですね。
私に対する悪意に満ちた記述を見つけました。
年の功より亀の甲、伊達に長くは生きていないから、お前が書くなら、オレだって!、です。
仕返しには自信があります。
右の写真は私が40年近く使い続けている背負子。近場の釣りなどにリールその他を放り込んで持ってゆきます。
とっても軽くて、背中に吸い付くようなフィット感があり、なけなしの15,000円をはたいて買っただけのことはありました。
購入したのは鹿児島・天文館通りの古道具屋。
100年以上前のモノで、アケビのツルで編んであります。

問題は2番目の籠です。
80年代に『離島で潜る旅』ってえのを続けていた時期があって、山形の酒田市沖に浮かぶ飛島(とびしま)にも足を伸ばしました。
その際です。
酒田市内の民芸店でこいつを見つけました。
連れ合いに「欲しいのか?」と尋ねると、二つ返事で「ウン!」
しゃあないので、これまた、なけなしの大枚をはたいて買いました。
その籠が、今どうなってると思いますか!?
ほこりまみれ、塵まみれになって、文机の隅っこで引っくり返っているんですからね。
実物を目の前にし!
手に取って確かめて!!
その上で「欲しい」!!!
と、のたまいやがったのに!!!!
これですから!!!!!
携帯電話に送ってきた小さな画面で、品物を判断するのとは違うってこと。
どうだ!参ったか!!!!!!
d0007653_8385514.jpg言いたいことはまだあるぞ。
アケビのかごに紐を付けて背負子にしているようなひと、とはなんだ!
アホウ!元から背負子なんだ!
付いていたヒモが気に食わないから、手作りのヒモに付け直しただけだ、まぬけ!

▼植物のツルや樹皮で織られたカゴ物は、一晩ほど水に漬けて時折り水分を補給してやるといいそうですね。
私の背負子は4、5年に一度、刷毛で柿渋を塗ります。
水に漬け、たわしでゴシゴシ洗いますが、ビクともしません。
▼鹿児島(カゴンマ)弁でアケビのことを『ンンべ』、あるいは『ウンべ』と言います。
同じアケビ科のムベ(野木瓜)が訛ったのだと思います。
[PR]

by molamola-manbow | 2005-07-22 08:42 | ホビー | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/1345205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 神石 at 2005-07-23 23:37 x
<と、のたまいやがったのに!
これですから!!!!!
<どうだ!参ったか!!!!!!
<言いたいことはまだあるぞ。
<アホウ!
<まぬけ!



ここまで言うとは敬服。さすが「海の男」の面目躍如!
でも、この勇気は何によって裏打ちされているのでしょうか?
まさか、その後に平身低頭していたりして(笑
Commented by コーチャン at 2005-07-28 14:07 x
<その後に平身低頭していたりして(笑
私もそう想像してしまいます。
川越がアップされない!
これはプレッシャーです
Commented by molamola-manbow at 2005-08-06 07:03
おふたりには見透かされてしまいましたか。平身低頭とまではなりませんでしたが、「Blogバトルでもやるつもり?それなら、受けて立つわよ」な~んてね。「まあ、まあ」となだめはしましたが・・・・。
コーチャン、川越は写真がないんですよ。折角の店構え、折角の味ですから、改めて紹介することにしました。


<< 最近買ったモノ      クレーム >>