Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 06日

GW釣行 IN式根島

manbowの隠れファンかも知れません。
釣り座を構えて竿を出すと、何処からともなく飛来してコチラの観察を始める。
「アノ海鵜、昨日も居なかったかい?」
「居た居た、何か釣り上げるまで動かね~、一匹釣ると安心して何処かに行っちゃう。オイラのファンだね」
それとも、縄張りの狩り場荒らされて抗議してたのかも・・・・・。
d0007653_627458.jpg
「すまん、今回は辞退させてくれ、体調がすぐれない」
と参加を取り止めるべきだったのに、何たって貧乏性だからそいつが出来ない。
記録物釣り上げたり、大釣りしたり、歓声が磯にこだまするような場面連発には、一緒になって騒ぎたいし、後々までの語り草釣行に、ひとり外れて悔しいおもいをするなんて、我慢できないから無理を承知で参加した。
その釣行初日(一日)、氷雨に濡れそぼって、ピクリとも変化しないウキを見つめて、夏風邪こじらせちゃいました。
毎晩十二時間も睡眠をとったから、起きれば体調ほぼ回復、のようにみえてなかなかしつこい。
天気の回復でポカポカ陽気の磯の上、しっかり着込んで、デ~ンと座ったままの大名釣り。
ほとんど体を動かさず、小脇に抱え込んだ竿の範囲だけをさぐります。
潮風吸って、オゾン存分に浴びて、普通なら病魔退散の構図なのに、夜の飲み会にも参加せず、ひたすら寝て過したのに東京に持ち帰ってしまった。
「ヒデ~声だけは治まったゼ」とは云ってくれますけど、記録物も大釣りも歓声も沸かなかった釣行だったんだ。
からだ大事にした方がよろしい年なんですよね~。

二日目にしてようやく挙げた獲物は三十五センチ強の外道・海緋鯉(シメジ科)でした。
「意外においしい」と聞いていたのでキープしたのに、かすりビクの穴から逃亡を図った。
運のいいヤツです。
五十センチ程に成長する。
d0007653_70282.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-05-06 07:07 | 潜り・磯釣り・海 | Comments(0)


<< GW釣行 IN式根島 その2      モニュメント >>