Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 09日

GW釣行 IN式根島 その3

d0007653_624360.jpg
磯の上もの釣り、王道は小さな玉ウキ一つの『フカセ釣り』
と思って釣ってますけど、狙った獲物、キープサイズは釣れなくなりました。
「折角離島まで釣りに来て、磯に立たずにどうするんだ」とか。
「岸壁釣りなら何処でも出来る。そんなの小中学生の釣りだ」とか。
でも、外海にグイ~ンと陸地を伸ばした分、島で一番の釣り場は岸壁だし、足場はいいしで磯よりも実績はあがる。
d0007653_6242484.jpg二年前でしたでしょうか、「九キロの真鯛」なんかも挙がっちゃったものだから、釣りクラブ・新宿魚連の面々の中にも式根一の魚場・野伏港に日参するやからが出てきた。
コマセぶち込んだ籠を、餌もろとも五十~七十メートル先までブン投げてポチャ~ンと落す爆弾釣り。
横浜の釣り公園さながらの竿の林立と引きもきらない観光客の「釣れますか」攻勢。
そんな釣りはイヤだから、総勢六人、二対四で分かれることになってmanbowは少数派の磯派。
軍配は岸壁派に挙がりましたね~。
一番の大物メジナ、といっても四十センチを三センチほど上回っただけですが、爆弾釣りの針に掛りました。
磯派のふたりが持ち帰ったメジナはもう少し小さなのが二匹だけ。
あとは釣り上げる毎に「でかくなって帰ってこいよ」の繰り返しです。
磯脇のタイトプールが満杯になるほど釣れて、その中からでかいの三匹ほどを選んで、残りは「満潮になったら海に帰れよ」と置いてくる、もう三十年もしていない。
余りにも釣れないので、ウキ下を底ギリギリまで伸ばし、舞鯛に竿しならせさせて一時楽しむ。
ピクリともしない釣り、やっぱりイヤですものね~。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-05-09 06:31 | 潜り・磯釣り・海


<< 小さな トリマラン      GW釣行 IN式根島 忙中閑(... >>