Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 26日

ヤマ・ガール 海を往く

d0007653_11253571.jpg
クルーザー・レース『KENNOSUKE CUP』(二十一日)の強風波浪注意報は翌日も残った。
HAYASHI 990 OCEAN BLUE(↑ ↑)とお見受けするから、機走中のヨットは東京湾奥の夢の島ハーバーへと帰港する『AQUA』(ケンノスケ・クラス五位)です。
城ヶ島のお膝元・三崎港から千葉・木更津港まで、ほぼ同じコースを回航する『KoKoLo』に、ヤマガール・由香ちゃんが乗艇です。
「終日荒れる。午後からは北風に変わる可能性もある」
東京湾を北へと帰るクルー、真向かいの風に二日連続で叩かれるのはイヤだから、早朝五時半の出港です。
ヨット初体験の由香ちゃん、しっかり酔い止めなど飲まされて「覚悟して乗ってネ」
サントリーが"名水の里"な~んて名前で売ってる白水郷からのお客さん、荒れる海を屁とも思わずに乗り切って、湾奥に入って海が治まってからはラットなども持たされて上手に艇を操ってました。

「生物学的にはネ、船酔いする人間の方が正常なんだ」
そのように慰めて、続けることばは「オイラは下等人間だから酔った経験が無い」。
そんなコトを云うスキッパーさんを知ってたから、同じ言葉を掛けるつもりだったのに、出番なしです。
Vunvalleyなる山小屋に集まる老若男女の中で、彼女は『組長』などと呼ばれている若者たちのリーダー格らしい。
manbowも仰々しい名前の釣りグループ『新宿魚業協同組合連合会』の組合長を縮めて、『組長』などと呼ばれている。
狭いコックピットに山組と海組の組長、対立抗争は勃発しませんでしたね。
d0007653_1032363.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-05-26 06:35 | ヨット


<<   郷里の誇りだ 伊佐焼酎      化け物艇・HAYASIー34 ... >>