Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 09日

フト気付くと、もうこんな

  『蟷螂生ず』(六日)
  『腐草蛍となる』(十二日)
暦の余白に書かれている上記文言に気付いて、あわてて庭下駄を突っ掛けた。
晩秋にカマキリの卵のカプセル、卵鞘(らんしょう)を見付けてあったのです。
で、そうか、キャツらがゾロゾロと這い出すのは今頃なんだ。
もしその瞬間を眺められたら、閻魔様への土産話になる!
d0007653_10121345.jpg
 卵鞘(らんしょう)に何らの変化も見つけられなかった替わり。
d0007653_1013728.jpg何となんと、今秋は豊作が見込まれそうな、可愛い果実にほころんだ。
モクレン亜網、キンポウゲ目、アケビ科のミツバアケビです。
果肉の方は同じ蔓植物だから、スイカの様にタネなしが出来ればいいのに、と思うほどタネが邪魔な果実。
蔓を這わせるところは同じでも、コチラは似ても似つかぬ双子葉植物網、スイカ目、ウリ科。
ま、ムリでしょうけど・・・・・。

同じアケビの木じゃあないけど、四月のアタマはコンナ状況だったのに、凄い勢いの成長です。
デカイのはすでに十センチを越えている。
「この調子でデカクなると・・・・・」と、ヘチマの姿など想像しますが、最大級でも二十センチ止まりでしょうか。
d0007653_10124444.jpg
 
[PR]

by molamola-manbow | 2011-06-09 07:00 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 出回り始めました      泥んこ道 >>