Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 10日

出回り始めました

ラッキョウは主に醤油漬けにして喰らいます。
去年初めて試した味噌漬け、コイツが事の他巧く行ったので今年は味噌と醤油、二本立てにするつもり。
醤油漬けは何度挑戦しても餓鬼時代に喰らった味に届かない。
西国産のタマリに似た甘口の醤油が、コイツが必要だと考えますが、味噌はそこらあたりの市販の品でも滅法美味しい。
もっとも、一袋が六百円台になるまでは求めない。
コイツは一尾百円を切るまでは買わない秋刀魚と同じ。
たかだか秋刀魚じゃあね~か、ラッキョウじゃあね~か、そう思っていますもので・・・・・。
ただし、ラッキョウの場合は地団駄を踏むこともある。
うかうかしてたり「もう一声」などと値下がりを期待してると、ものの見事に店頭から消える。
キッチリと旬を守っている数少ない野菜、季節物はこうでなくてはいけないのですが・・・・・。
d0007653_99239.jpg
皮を剥きながらもパクリとやっちゃうmanbowに比べて、ヒトが変わるほど嫌うお方もいらっしゃいます。
「そんなモノ乗せたら船が沈む」とまでおっしゃるのはヨット・デザイナー林賢之輔先生です。

America's Cupを『ヨットのF1レース』などとTVが例えてるのを聞いて驚いたことがあります。
一八五一年にまで歴史を溯れる世界最古のチャンピオン決定戦ですよ。
二十世紀半ばに始まったFIレースなどは曾孫以下の存在でしかないし、サッカーのワールドカップだって一九三〇年の始まりですから、桁が違うんですよね~。
そのAmerica's Cupに『ニッポンチャレンジ』なる会社組織のプロジェクトチームで挑戦した日本艇のチーフデザイナーが林賢之輔先生。
それほどエラ~イ先生なのですが、manbowはトウシロウのヨット乗りだし、年上だし、ラグビーでは先輩と云うことになる。
で、KENNOSUKE CUPに集う皆さんの中で、時折り小生意気な受け答えをしたりするのだけど、なぜ大が付くほどラッキョウが嫌いなのかは聞き出せないままでいる。
顔付が変わるんだ。
パチ~ンなどと平手が飛んだりもするんだ。
ラッキョウの話になると・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-06-10 08:10 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/13729325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Kenちゃん先生からのKENN...      フト気付くと、もうこんな >>