Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 14日

野辺の花

d0007653_9463716.jpg
d0007653_9483471.jpg
d0007653_955218.jpg
d0007653_9491630.jpg曲者は名前のかもし出す心地良い響きでしょうか。
歌の旋律と歌詞も荷担してる。
どんな花なのか、胸躍らせてた想像の産物と実物とのギャップ、ガ~ッカリしたのはエーデルワイズを観た時の印象です。
可哀想に、それほど悪い花じゃあないのですが・・・・・。

逆に物凄い名前とは似ても似つかぬ花の可憐さに仰天したのは『ママコノシリヌグイ』(継子の尻拭い)。
付けも付けたりのネーミングには、感心もさせられてます。

川崎市生田台地の天辺、コナラとケヤキの落ち葉かき分けて芽を伸ばし、細々と生活してる山野草、名前はドクダミ位しか知りませんけど、みなエーデルワイズなど目じゃない可愛さです。
一番下の三つ葉のクローバーの仲間、夜になると花びら閉じて眠ることも初めて知った。
d0007653_9554625.jpg
d0007653_9505621.jpg

d0007653_10491765.jpg
d0007653_9511885.jpgd0007653_951493.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2011-06-14 02:19 | 犬・猫・蛙に動植物


<< あのカラスの巣      甍(いらか)の波、死語ですね >>