Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 09日

街のツバメ、健在でした

d0007653_1112512.jpgインドネシアのジャワ島とかボルネオを目指すのであれば、飛翔距離は五〇〇〇キロぐらいになるんじゃあないでしょうか。
春先にやってきて涼しい風が吹き始めると東南アジアへの渡りを開始するツバメ、いまは口ばしの黄色のが小さなグループで飛翔訓練の真っ最中ですよ。
1グループが四羽~五羽程度、親子なのかも知れませんが、先生について飛行技術の習得に懸命です。
やや小ぶりなことのほかに、まだ滑空が出来ないから訓練生はすぐに判る。
羽を上下に打ち振って、終始バタバタと飛んで、すぐに草臥れて同じ電線へと舞い戻ります。
d0007653_5431690.jpg街中(世田谷・経堂)でmanbowが承知してるツバメの巣は、建具屋さんの軒下の一個だけでした。
その巣も一昨年を最後に使われなくなって、とうとうコノ初夏に取り壊されちゃったから、小田急線の経堂駅から自宅までの間で営巣するツバメはゼロだと思ってました。
でも、駅前の別筋で1グループ、メインストリートの『すずらん通』でももう1グループ、しっかり卵を孵した親たちが居たんです。
                  (おととしの画⇒ ⇒)
プロ野球のツバメたちも、今年はすこぶる元気です。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-07-09 05:59 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 待ち受け画面      味噌漬けラッキョウ >>