Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 25日

八幡山・名菜館

こんなお皿に料理が盛られて登場した。
お皿が空になると、しばらくテーブルから姿を消すものの、別の料理が盛られてまた登場する。
都合三度もこんなことがあったでしょうか・・・・・。
甲州街道沿いにある八幡山の上海料理店『名菜館』の丸テーブルには、終始このmanbow皿が登場してました。
d0007653_624853.jpg
テーブルを囲んだ総勢六人のうち女性陣四人、時期はバラバラですけど中国に留学してた。
中のひとりは留学中に恋愛し、「年に二度の帰国」を条件に中国男性と国際結婚です。
間もなく一周忌を迎えるタマちゃんも同じ留学組でしたから、合わせるようにして帰国してくれたんです。
manbow皿もタマちゃんの遺品です。
その貰い受けたお皿でもって持て成してくれた訳ですから、名菜館は帰国歓迎会というよりも足早い一周忌法要だと受け止めてくれたのかもしれません。
カウンターだけだった名菜館が二号店(幡ヶ谷)を出すまでに大きくなったのは、タマちゃんが名目社長を引き受けて店舗契約などを一手に引き受けたおかげでもある。

タマちゃんのダンナさんも結婚を機に中国好きに変わって、あちこち歩き回るようになってるので会話は弾んでましたね~。
比べてわたくし、「この世で一番嫌いな国は中国」だと明言し、返還前の香港と台湾にしか足を踏み入れていません。
皆さんの中国語混じりの会話がさっぱり判らなくて・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-07-25 07:51 | 酒・宴会・料理


<< 可愛そうな今季の二匹目      ダイダラボッチと北沢川 >>