Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 27日

Beach Combing

ヨットのスターンなどから疑似餌を流すライトトローリング用の潜行板に、通称・ネズミなどと呼ばれてるヤツがある。
八丈島の居酒屋さん『BIRD'S CAFE』が閉じるって~んで出掛けた折だから今春の三月でした。
人っ子ひとり居ない早朝の底土海水浴場を散策し、時期はずれのアオサなどを摘んでた時です。
見覚えのあるソイツが流れてきた。
宿のサンダル履きだったのでズボンの裾などまくって、まだ冷たい海にジャブジャブジャブ。

ウェットスーツとかフィンだとか、夏遊び用の道具を一箇所にまとめておこうと準備してて、またソイツを掴み上げ、三月の際と同じ気持ちを抱きましたね。
何処を探しても傷やくぼみが無くて、塗装の剥げた場所も見当たりません。
使われた形跡、海の拾い物には何処かで見つかるものなのに、釣具屋さんから購入したばかりを手にしてるように見える。
道糸も、ハリスも付いてなくて、左右の縒り戻しまでがピッカピカだから、新しい道具に交換しようとした時に、舟の甲板から転がり落ちちゃったヤツかもしれませんね~。
長崎のヨット『HINANO』のお土産にしようと思ってます。
d0007653_9363380.jpg
d0007653_10582321.jpgd0007653_9351456.jpg
甲烏賊は必ず持ってる舟形の骨みたいなの(← ←)も、飛行機とかトンボと呼ばれるヤツ(→ →)も用途はネズミと同じ。いずれも右側に疑似餌につながるハリスを付けて流します。波にあおられ左右に揺れて、疑似餌をアピールしてくれる。

十年ほど前に立ち上がった『日本漂流物会』も、横文字の『Beach Combing』も、「もっとステキなネーミングにした方がよかったんじゃないの?」と思ってしまう。

d0007653_11491964.jpg流木とかイルカの骨とか石コロとか、釣具のウキとかオモリとか、浜辺に打ち上げられた様々は釣りの度に拾っている。
そんな"浜辺乞食"の師匠格、那古船形『MARINE YASUDA』のご主人から頂いたクジラの骨はこんなのに変身(← ←)です。

そうそう、『日本漂流物会』でした。
直接的なネーミングよりは名曲『椰子の実』(島崎藤村)の一節から頂いて『八重の汐々会』とか、『浜辺乞食の会』だって悪くない。

          名も知らぬ 遠き島より
          流れ寄る 椰子の実一つ

          故郷(ふるさと)の岸を 離れて
          汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

          旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる
          枝はなお 影をやなせる

          われもまた 渚(なぎさ)を枕
          孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

          実をとりて 胸にあつれば
          新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

          海の日の 沈むを見れば
          激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙

          思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお)
          いずれの日にか 国に帰らん
[PR]

by molamola-manbow | 2011-07-27 06:52 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/14184469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 茂ってる      可愛そうな今季の二匹目 >>