Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 31日

記録映画 『吼える40度線』

d0007653_99370.jpg
「ミナミマグロ漁の記録映画だよ、観においで」
と来週の土曜日(六日)に中野の中央ZEROホールで上映される『吼える40度線』の案内状をいただいた。
アフリカの南端・ケープタウン沖の荒れる海で奮闘する土佐漁師二十七人を、漁師自身がフィルムに納めたヤラセのない真迫の記録です。
開映・午後七時半、料金・千円、会場は駅の南口を出て線路沿いに新宿方向に徒歩五分強といったところ。
お暇な人は是非どうぞ

「吼える40度線かあ」と、内容よりも題名の方に反応しちゃいました。
最近ではヨットの世界一周レース『Five Oceans』ぐらいでしか『吼える40度線』は話題になりません。
捕鯨五輪などという言葉があった時代には、『Whale海』などとモジったりもしてました。
各国が船団組んで出掛けて、捕獲頭数を競い合ってた海域です。
そのクジラの漁場がマグロの漁場でもあったとは・・・・・。
もっと温かい海に生息する魚だとばかりおもってましたから。        Five Oceansの白石康次郎艇(’06年 ↓ ↓)

d0007653_828833.jpg英語名を▼『Roaring Forties』(南緯40度~50度の間)と呼ぶ『吼える海』には兄弟分が存在する。
▼すぐ上の兄貴・50度~60度間は『Furious Fifties』(狂う海)、
▼長兄の60度~70間は『Screaming  sevens』(絶叫の海)と云い、南極(南緯90度)に近いヤツほど性格の悪くなる"暴風圏三兄弟"です。
中国の紅茶、豪州の羊毛運びを競い合い、一番茶、一番羊毛には望外な値段がついた十九世紀初頭の快速クリッパー・Cutty Sarkなどの帆船は吼える海の卓越風を活用して走ってた。
帆船には命懸けの厳しい海との戦いでしたけど。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-07-31 06:44 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/14238051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つーせ at 2011-07-31 23:17 x
へえ~っっ、行こうかな~?!!
Commented by molamola-manbow at 2011-08-01 04:47
マグロ漁とは、縁がありますよね。
但し、コイツってフィルムが三十年も眠ってたのを掘り起こしたもの。
三年経てば価値が失われちゃう記録映画ですけど、三十年となると、違った意味がでてくるかもしれません。


<< 蝉時雨を初めてきいた      力作です >>