Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 19日

アノ蝉?

d0007653_1917477.jpg
「ジジッ」と短く鳴いて、生涯を間もなく終えるセミが窓際に落っこちてきた。
「オイオイ、オマエかい?」。
羽化して地上生活を始めたセミの寿命は一週間から十日ほどと云われているけれど、稀に二週間生きるヤロウが出てきたって不思議はない。
人間の寿命だって伸びてるんだし、都会で天敵と云えばカラスぐらい。
そのカラスだってゴミ袋漁れば、セミを喰らうよりずっとおいしいものが手に入る。

そんな訳で羽化に立ち会ったアイツが別れの挨拶にきたんじゃあないかと。
連れ合いから「バカね~」などと一蹴されても、こんなのは思い込んだ方が勝ちだ。
接写を試みても逃げないから「絶対にアイツだよ」と云い張って・・・・・。
イロの違いを指摘されても、「ミンミンゼミもアブラゼミも羽化の直後は素人には判断できないほど似てて白いんだ」と突っぱねる。

で、「人間社会には満足に挨拶もできね~ヤロウが増えてるって~のにコイツは偉い、そっとして置こう」

五分ほど居て、最後の力振り絞って彼方へと飛んだ。
生き物の大半、人知れぬ場所で静かに息をひき取ります。

コンナのも珍しいかも(↓ ↓)
d0007653_19125740.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-08-19 06:17 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/14371349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<<   下田の喫茶・『邪宗門』、行...      戦いの正衣、ジャージー >>