Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 09日

キンピラ牛蒡(ごぼう)

キンピラとか、ごった煮とか、天婦羅とか、叩き牛蒡とか・・・・・。
餓鬼の時代には歯応えを含めて大嫌いだった食材の牛蒡、醤油漬けの山牛蒡を喰らって変化が起こった。
香気と呼べるモノかはどうかは別、嫌ってた牛蒡の香りさえも好きになり、笹掻きとか千六本状に細く切ったキンピラより、太めのヤツ一本、ヒョイと摘んで歯応えを味わう。
今ではイ~イ、酒のつまみになっちゃいました。
捨てられちゃってるけど、シャキッとした茎もおいしいんですよ。

d0007653_8331424.jpg知ってましたか?、根菜として牛蒡を食べてる国、日本だけらしいですよ。
中国人を指して「四本足で食べないのは机だけ、飛ぶモノで食べないのは飛行機だけ」などと。
その中国でさえ食べる習慣がない。
薬草として日本に入ってきたのは平安期、原産地はヨーロッパ~中国一帯のユーラシア大陸だと云うのにです。
朝鮮半島および、台湾の一部には戦争中に伝わって食べられるようになったと云いますけど・・・・・。
戦犯を裁く東京裁判、捕虜に木の根を食わせた虐待の罪で裁かれたとか。
漫画『はだしのゲン』で読んだ逸話は眉唾だと云いますが、形状といい、硬さといい、素っ気無い味といい、餓鬼時代の印象は確かに根っ子だったな~。
d0007653_8335314.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-09-09 08:37 | 酒・宴会・料理


<< 工作ドリル      不思議物体 >>