Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 15日

70連勝成らずと赤フン忘年会

はね上がってる力士、前頭三枚目の勝者・安芸ノ海、外掛け一閃の出来事であったらしい。
「こんな格好でドドドーッと倒れたんだ~」と、つくずく見入っちゃいました。
昭和十四年(一九三九年)一月十五日、初場所四日目の双葉山70連勝成らずの一瞬です。
d0007653_10315088.jpg
d0007653_13372434.jpg房総半島の東京湾側・富浦湾に浮かんでたセーリングクルーザー『HINAMO』クルーの忘年会が来週予定されてて、今、クルーの皆さんは戦々恐々としてたり、「ワクワクワク」と、ココロ躍らせたりしてる真っ最中なのです。
d0007653_1259715.jpg真の狙い、何処にあるのかはよく解らないのだけど、スタジオカメラマンを生業にしてるクルーから「スタジオ明け渡すから忘年会は我が家でやろう」の提案があって、「ついては全員の赤フン姿の集合写真を撮る。全員、真っ赤な六尺フンドシを持って来い、女性もだぞ!!
お腹が六つに割れてて、胸も厚くって、ライフセーバーみたいなからだしてりゃあ画にもなりますけど、クルーの皆さん、定年過ぎたり、間際だったり・・・・・。
言葉換えればたるんだお腹してたり、ドーンと前に突き出していてたり・・・・・。

d0007653_1302210.jpg双葉山と赤フン忘年会、どこでつながるのか、ですか?
六尺フンドシも力士のマワシも、締め方の基本は同じだよな~と思って、マワシを調べてたら写真に出くわした訳です。
マワシの長さ、平均すると10メートルほどになるから、胴体に五、六回ほど巻きますけど、基本はまったく同じでしたね。
力士さん方のマワシの幅、80センチも有るんだそうですよ。
云ってみれば風呂敷の大きさ。
コイツを六つ折りにして巻いて行く。
正絹製の高価な品、部屋の副業として風呂敷屋が開けます。
古いマワシの運命、どうなっているのでしょう?
d0007653_1345088.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2011-11-15 11:41 | ヨット


<<   骨、角、牙      またまた海上運搬 >>