Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 27日

  僥倖かもネ

伊豆半島・下田沖に浮かぶ神子元島の航空写真です。
磯が低く落ちで行く様に見える画面の右側が島の一級釣り場、奥から手前に『本場一号』、『二号』、『三号』、『江の口』なんて名前が付けられてました(離れ磯はカド根)。
d0007653_8393043.jpg

「熱心に通って来てるでヨ~、オメ~さんにだけは釣らせてやりて~ヨ~」などと磯渡しの船頭さん。
トロ箱満杯の餌のイワシと磯竿一式を「後から届けてやる~。オメ~さんは身ひとつで飛び降りろ~」と、そんな特別扱いもしてくれたんだ。
磯の切れ目の奥に、燈台守のための立派な船着場があって、喫水の深いヨットでさえ着岸できた。
そこに船をモヤイ終わると、船頭さんの「ヨ~シ」の声が掛ります。
釣り客、声と同時に飛び降りて一目散に釣り場目指して駆け出すんです。
d0007653_1303872.jpgそんな場所取りに後手を踏まないよう助けてくれて、当日の本命場所まで「きょうは〇〇に入れ~」と、耳打ちまでしてくれた。
『オオカミ』の異名に羞じないシマアジの大物に初めてギャフを打ち込んだ時、船頭さんは心底喜んでくれて、下田着岸後には壜ビールまで抜いてカンパ~イでした。
一九六〇年代の半ば過ぎ、間もなく老船頭はお亡くなりになり、神子元島への足も遠退いた。
最後に神子元島を拝めたのはココをグルリの回ったKENNOSUKE CUP(二〇〇四年)・・・・・。

1m 越えのシマアジ、4 キロ越えの石鯛、manbowの大物記録は全てココです。
そんな懐かしい磯釣り道場の写真が見付かるなんて、キット僥倖に違いありません。
去年、一昨年と二年連続でポシャッてる年中行事の式根島初釣行、三年振りにイ~イ予感です。
[PR]

by molamola-manbow | 2011-12-27 10:06 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15174112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ペアーの入れ物      年忘れのうたげ 無事終了 >>