Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 03日

街酒のスタートは成城から

d0007653_8434344.jpg
渋谷の端っこ幡ヶ谷で誕生祝いなど催しているから、もうスタートは切りましたけど、アレは料理主体です。
酒が目的の街酒は昨夜の成城が最初でした。
男ども四人、お客さんの年齢層がべらぼうに高いお店、成城・南口の『けんどんや』に集った。
何度も訪れてますが、四十代のサラリーマンにさえお目に掛かっていない。
つまり、manbowたち四人と、み~んな同年配、居心地がいいのはこのためかも知れません。
で、半分ほど残ってた去年のお酒・『黒伊佐錦』(鹿児島・伊佐市)はすぐに飲み干して、初めて口にする『赤猿』(鹿児島・日置郡の何処か産)も空にして帰ってきた。

d0007653_952760.jpg最近の芋焼酎、み~んな癖を消しちゃいました。
銘柄毎に独特の癖があって、そいつで好みが分かれてたのに、「プ~ン」とくるアノ焼酎独特の香りがしない。
いまTVで盛んに宣伝してる宮崎・高千穂産の芋、戦前だったら不敬罪でしょっ引かれるような名前の『天孫降臨』なんか、その最右翼かもしれません。
タレントさんに「臭みのないショ~チュウです」などと言わせてるんだ。
カチ~ンときますね~。
「臭み」とは、何たる言い草、「香り」と言わんかい
「オメ~さん、焼酎をオナラと一緒にするんじゃね~!!
[PR]

by molamola-manbow | 2012-02-03 09:09 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15370525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2012-02-03 09:42
日本酒もおんなじです。甘口の酒がどんどん消えていっています。み〜んな同じになっちゃった。
Commented by 高麗山 at 2012-02-03 09:55 x
四半世紀前、”下町のナポレオン”などと麦焼酎が世間を席捲している頃、鹿児島、宮崎の友人が多かった関係で芋焼酎に慣れ親しんでいた。
関西の縄暖簾に芋焼酎を持ち込んでウダを発しだすと、隣席から厭な顔されて、女将に「高麗山、みなさん臭いといわはりますねん!」と、体よく片づけさせられたことが、度々だった!!!
Commented by 仙人 at 2012-02-03 16:31 x
ったくですよ!・・
最近の芋焼酎、み~んな癖を消しちゃった。
「プ~ン」とくるアノ焼酎独特の香りがしない。
名言代弁感謝!・・臭いとは失敬な!・・です。
ンで・・ストレートになる訳ですよ。
Commented by molamola-manbow at 2012-02-04 00:22
antsuanさんは日本酒党ですか。
学生時代、ワタシは日本酒に度々痛い目に合わされて、敬遠してるんですが、有りますね~、水のようなの。
「オメ~さん、焼酎党だろう、おかしな酒飲むな」な~んて言われたりしましたね~。
Commented by molamola-manbow at 2012-02-04 00:31
四半世紀前までの焼酎、特に芋は最下等の飲み物でした。
その芋を、九州人はどんなに高価な酒を飲ませても、仕上げは芋と決めてる節がありますね~。
Commented by molamola-manbow at 2012-02-04 00:36
仙人さんのお感じでしたか。
村から出ないお酒、限られた地域ではけてたお酒に銘酒がある。
そんなお酒が少なくなりました。
お勧めは芋焼酎の『隼人心』、鹿児島・隼人町からほとんど出ないから、見つけると飛びつく。
Commented by 仙人 at 2012-02-04 09:45 x
隼人心・・メモりました^0^
Commented by molamola-manbow at 2012-02-04 10:18
出回らないのがタマにキズ・・・・・。


<< みっともないったら、あ~りゃしない      欲張りな狛犬 >>