Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 06日

燻製チップス

d0007653_20414426.jpgd0007653_20424593.jpg
『その名に偽りなし』でしたね~。
燻製が食いたくなって豚のバラ肉を漬け込み、半日ほど天日に干そうとした途端に雨です。
手順に狂いが生じたのはこれが最初ですが、冷蔵庫で寝かせておけば乾燥するから雨による狂いは大したことではない。
しかし、燻製チップスが切れてるのに気付いて近くの日曜大工センターで走った『熱燻の素』にはガックンです。
「燻製用のチップスある?」
「確か一種類置いてたはず」
そんな会話があって探してもらった袋、二個買って燻製に取り掛かったんですけどね~、出ないんです、煙り・・・・・。

熱量の低い電熱器の上に燻製チップスを入れた鉄鍋を置いてスイッチを入れる。
煙が出始めたらスイッチを切って仕上げるのを『冷燻』、熱源はそのままに煙りをかけて行くと『温燻』が出来上がる。
もうひとつ、蓋付きの中華鍋みたいな浅い鍋にチップスを入れ、ガスレンジの上などでガンガン火を焚いて仕上げるのが『熱燻』。
買い求めたのはコノ三番目用のチップスだったんですね~。
袋にその旨がドッカ~ンと書いてあるんだから、偽りなしではあるんだけど、『熱燻』は徳川時代の蝦夷地・松前藩、一番端の島津藩、外様の燻製です。
美味しい燻製にはならないと考えた方が無難で、鍋の中でジュージューと火を通した焼肉ブロックになっちゃう。

長く愛用してきたのは大鋸屑(おがくず)を固めたコチラ(↓ ↓)のペレット・タイプ。
分単位で量を調整できて便利だし、冷燻も可能でした。
ひとつひとつの大きさ、『熱燻の素』と変わりはないのに・・・・・。
d0007653_8213016.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-03-06 08:20 | ホビー


<< 復活!?      企画会議 >>