Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 19日

クワイの素揚げ

「オヤオヤ、まだ健在だったのかい」みたいな気持ちで注文した秋の味覚・零余子(むかご)の素揚げに、オセチ料理の定番・クワイの素揚げが入ってきた。
釣りに例えるなら外道です。
キスの投げ釣りをしてると、一匹や二匹は必ず針掛かりするメゴチです。
でも、引き味はともかく、淡白過ぎてほとんど味のないキスに比べるとメゴチの味は捨て難い。
「醜い魚ほど美味しい」伝聞に加担してて、ほんのりと広がる甘さがいい。

居酒屋のおつまみも外道の方に軍配でした。
d0007653_9584552.jpg
あまりにも昔のことで何方に頂いたモノだったのか・・・・・。
クワイのチップス、一斗缶で届いたことがある。
その時の抱え込んで食らった記憶を思い出した。
ジャガイモなんて足元にも及ばない。
こんなに美味しいんだから、「そのうち何処かで売り出すだろう」と思い続けてきたのに、何処も作らない。
なぜチップスに加工して売り出さないんでしょう?
ジャガイモでは、東京の『私鉄六社の共同開発』品が何処よりも旨いと思ってて、買うのは何時もコレですが、クワイはその私鉄六社を凌駕する味になる。
小ぶりの素揚げを食らって、改めてアブラと相性のいいことが判ったし、「クワイのチップス、作って呉れ~」。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-03-19 09:07 | 酒・宴会・料理


<< 現代の武者返し      五島列島に住まう『ひなのチャン』へ >>