Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 01日

還暦祝い

d0007653_1121919.jpg
還暦を迎えたオトコひとり。
昨夜は古い飲み友達が集まってささやかに祝膳を囲んだ。
manbowと誕生日が一緒の女性がいて、共に祝うことを始めたのが集い合いのきっかけ。
一人増え、二人増えて、お互いの誕生日に年に四、五回は雁首を揃えてる。
還暦祝いもその延長、たまたま年が回ってきたオトコが居ただけ。
そんな訳で「オメデトウ」ぐらいは言ったけど、開店間際から延々四時間ほどもタタ飲んでた。
「ハテ、何を話題に飲み続けたのだろう?」の宵です。
頭が写ってる手前のオトコは六十五歳、色黒々の髪の毛を、「モウ、いい加減に染めるの止めたら。本当はどんな色なんだい」みたいに、いじめたことは覚えてるけど・・・・・。
                                              祖師谷大蔵・『魚店(いおだな)きなり
[PR]

by molamola-manbow | 2012-04-01 12:16 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15656693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 六十五歳の男 at 2012-04-01 22:08 x
髪の毛がいまだ黒いために、電車のシルバーシート前に立っても、席を譲られたことがありません。それなりに不都合はあるのですよ!
Commented by molamola-manbow at 2012-04-02 08:13
電車の優先席、ヒデ~もの作りやがったとつくづく思うね。
あんなのがあるから日本中の若者から労わりのココロが消えちゃった。
「年寄りはあっちに行け、ココはオイラのシートだ」みたいだものね。
その優先席だって機能してない。
ちょっとテレながらとか、恥ずかしそうにとか、席譲る若者、大勢いましてけどね~。

たまに席譲られる真っ白K子、「そんなに年でもないのに・・・・・」



<<   新しい色が加わった      水が入り始めた >>