Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 01日

 不動岩

d0007653_515321.jpg
d0007653_5152911.jpg伊豆大島の最南端に『トーシキ』(↑ ↑)と呼ばれる磯があります。
低い釣り座とダラダラ落ち込む浅い海に囲まれた釣り場ばかりの大島にあって、唯一足元から深くえぐられた地域、『キャンプ下』、『ヨコブチ』などの名前が付けられて結構長く西側へと続いて行く。
丁度、コチラの岩(→ →)ぐらいはあったでしょう。
海の底からドッカ~ン!
トーシキの磯に台風の大波によって打ち上げられたのはこんな岩でした。
磯釣りにハマリはじめた頃だから昭和四十年代の半ば、少なく見積もっても海底から15メートルは飛んでます。

そのトーシキの磯から北に6、70キロほど。
釣友が乗っかってる岩は、波打ち際にあるのに、知る限り一度も動いていない。
変わらぬ姿で何時見ても同じ場所に鎮座してます。
伊豆半島と房総半島に囲まれた相模湾の最奥、小田原の西に位置する根府川海岸のゴロタの浜では一番でかい。
周囲のゴロタ石は台風一過でガラリと配列を変えちゃうんですけどね~。
伊豆半島と房総半島の丁度中間、相模湾に蓋をする形で鎮座してる大島のお陰ですね。
大波をガードしてくれて、海底からドッカ~ンのエネルギーを削いでくれてる。

ゴールデンウイーク後半のお天気、ダメかもしれない。
大島と同じ役目果たして異名燦然、"天下御免の晴れオトコ"で通っているんだけど・・・・・。
d0007653_7274013.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-01 13:45 | 潜り・磯釣り・海 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15801296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 救助したのに怒られるとは・・・・・      昨日の続きで魚名考 >>