Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 14日

まもなく『麦秋』、いやいや「もう麦秋」

小学校の一、二年生、そんな幼い時代に麦踏みをやった記憶があります。
学校行事だったのか、クラス単独でやったのか・・・・・。
季節も晩秋だったのか、春浅い時期だったのか、サッパリ思い出せないのだけど、ゾロゾロと校門くぐって出掛けて行って、それぞれの畝(うね)にひとりずつ。
蟹の横歩きさながらに、伸びてきたばかりの苗を踏んでった。
「踏みつけられても強くソダ~ツ。オマエたちも麦のように強くなるんだ
みたいなことを先生は話して、「ヨ~シ、掛かれ~ッ」
d0007653_5481968.jpg
梅、桃、桜、すべての開花が遅れた中にあって、麦の生育だけはほぼ順調なんだろうとお見受けした。
背景の里山、左手の竹薮なんか、すべて新しい竹に入れ替わったような全山青々の中で、例年通り滞りなく『麦秋』を迎えようとしてます。
「お前さんは偉い。梅、桃、桜に歩調を合わせていたら、梅雨の真っ最中の刈り入れになったかも知れない。お米さんと違って、案山子のお世話にもならないし・・・・・」
d0007653_715477.jpg
NHKラジオから流れてた各地の『農事通信員』さん、いまもいらっしゃるのでしょうか?
花が咲いたとか、散ったとか、ドジョっ子だのフナっ子がテンジョっ子張ったと思ったとか、些細なニュースのホンワカ感、箸に棒にもかからない内容がよかったのに・・・・・。

房総半島の背骨を通って館山まで。
海ほたる経由の高速自動車道、出来立ての頃(平成十九年)は対向車に出合うことさえマレでしたが、渋滞するようになってきた。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-14 07:09 | 犬・猫・蛙に動植物


<< 週末はKENNOSUKE CUP      たった独りの引き揚げ隊 >>