Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 14日

まもなく『麦秋』、いやいや「もう麦秋」

小学校の一、二年生、そんな幼い時代に麦踏みをやった記憶があります。
学校行事だったのか、クラス単独でやったのか・・・・・。
季節も晩秋だったのか、春浅い時期だったのか、サッパリ思い出せないのだけど、ゾロゾロと校門くぐって出掛けて行って、それぞれの畝(うね)にひとりずつ。
蟹の横歩きさながらに、伸びてきたばかりの苗を踏んでった。
「踏みつけられても強くソダ~ツ。オマエたちも麦のように強くなるんだ
みたいなことを先生は話して、「ヨ~シ、掛かれ~ッ」
d0007653_5481968.jpg
梅、桃、桜、すべての開花が遅れた中にあって、麦の生育だけはほぼ順調なんだろうとお見受けした。
背景の里山、左手の竹薮なんか、すべて新しい竹に入れ替わったような全山青々の中で、例年通り滞りなく『麦秋』を迎えようとしてます。
「お前さんは偉い。梅、桃、桜に歩調を合わせていたら、梅雨の真っ最中の刈り入れになったかも知れない。お米さんと違って、案山子のお世話にもならないし・・・・・」
d0007653_715477.jpg
NHKラジオから流れてた各地の『農事通信員』さん、いまもいらっしゃるのでしょうか?
花が咲いたとか、散ったとか、ドジョっ子だのフナっ子がテンジョっ子張ったと思ったとか、些細なニュースのホンワカ感、箸に棒にもかからない内容がよかったのに・・・・・。

房総半島の背骨を通って館山まで。
海ほたる経由の高速自動車道、出来立ての頃(平成十九年)は対向車に出合うことさえマレでしたが、渋滞するようになってきた。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-14 07:09 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15862838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-05-14 08:21 x
 当地方はお味噌といえば麦味噌。裸麦の生産が盛んな場所もあります。少し甘い味噌の味は関東から来た方はどうも苦手な様子。
その味噌にかますなどの魚を焼いて身をほぐし味噌と合せ骨で出汁を
とった汁と混ぜ、すり鉢で擂り、すり鉢に撫で付けたものを逆さまにして炙ります。 麦ご飯の上にかけていただきますが。

漁師飯の冷汁の様なものです。  でも一応名前は  サツマ汁というものです。

昨日の才女は FS女子。当地で里帰り個展をして頂く様にお願いして
きました。
Commented by molamola-manbow at 2012-05-15 08:26
四方を山で囲まれた鹿児島の盆地育ち。
擂り粉木の中身はハヤ、ウグイの類でしたが、ネギやオオバを刻み込んだ焼き味噌、おいしかった。
お皿に塗ったヤツを食らってた。
懐かしいですね~。


<< 週末はKENNOSUKE CUP      たった独りの引き揚げ隊 >>