Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 16日

お店独占のひと時

熟年オトコがたったひとり、カウンターの隅っこで静かに飲んでるだけの時刻に祖師ヶ谷大蔵の居酒屋・『きなり』の客となった。
ご主人の真ん前、居酒屋なのにお寿司も握ってくれるガラスケースのネタの前にドッコイショ。
手持ち無沙汰だから話し掛ける。
「ウツボを捌いたことあるかい?教えてほしいんだ」
d0007653_7302899.jpgd0007653_7312543.jpg
皮を剥ぐだけに10分とか15分の格闘をしなくちゃあならない。
三枚おろし、これだって中骨の関節毎に菱形の隆起があってスイ~ッとは包丁を通してくれない。
ギュ~ッと握り締めても他の魚の様にミンチ状になどならない弾力もあります。
「ハモやウナギとは違いますか?、ウツボはありませんね~。食べたこともございません」
三枚おろしの悪戦苦闘を手ぶりを交えて話して、肉のおいしさを語ると、イタク興味を引いたようです。
「今度、一匹頂けませんか、捌いてみたい、食してみたい」
「お安い御用だ」と即答です。

アノ面相はサカナたちも怖いんでしょう。
周辺のウツボを掃除しちゃわないと磯の王者・石鯛は食らいついてこない。
『底モノ釣りはウツボから』なんて格言さえありますもの。
しばらく休止してた底モノ釣り、今度のGWで目覚めちゃいましたのでウツボのお土産なら間違いなしです。

日本酒で溶いた味噌を塗り込んでジップロックの中に一晩、ソイツを一口大に切ってバターとニンニクで炒めるだけ。
癖のないおいしい一品が出来上がります。
黙って出したら、誰一人魚だとは思わないでしょうね。
何食ってもおいしいお店のマスターです。
大変身の料理になるかもしれないから、是非持参して初めての包丁捌きも見なくては。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-16 07:54 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15872707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-05-16 17:09 x
 魚を捌いた時の手に残る匂いが苦手です。当地では、魚屋さんに調理方法を伝えるとそれなりに捌いてもらえます。買った魚はそれでいいのですが、釣って来た魚は釣人の責任にしてもらわないと・・・贅沢を言っています。
Commented by 仙人 at 2012-05-16 23:54 x
面白くなりそうですね・・^0^
Commented by molamola-manbow at 2012-05-17 09:01
親に内緒でラグビーなんかに打ち込んでた中学時代、泥んこジャージーを自分で洗濯してました。
ソイツが習慣になって、遊びの道具は己で始末するようになった。
釣果の始末、面倒な時は三枚におろして皮付きのままヅケに。
コレ、簡単です。
Commented by molamola-manbow at 2012-05-17 09:13
黒潮の流れがぶつかる四国の徳島、高知、和歌山や千葉ではウツボを盛んに食らいますから、料理法も確立してる筈です。
伊豆七島の定宿(式根島)のご主人は、いとも簡単に捌いていたような・・・・・。
教えを乞わなければと思ってます。


<< UKULELE      週末はKENNOSUKE CUP >>