Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 29日

実山椒の佃煮

d0007653_751433.jpg
兵庫県の西寄り、岡山とか鳥取の県境に近い山間部に『からかた』なる佃煮があるらしい。
漢字を充てるなら『辛堅佃煮』あるいは『辛硬佃煮』、キンピラ風に山椒の樹皮を細切りにして作る。
太さスリコギ程度の枝を用い、流水に三日間ほど晒して剥ぎとった樹皮が素材の佃煮です。
但馬とか、摂津とか、備前とか、美作(みまさか)とかを、明治政府はズバッと切って県政を敷いちゃいましたから、兵庫県の西はゴチャゴチャしてます。
その昔の国が入り組んだ県境に、古くからあった郷土食だといいます。
食べてみたいですね~。

d0007653_7482082.jpgd0007653_7484526.jpg
実山椒を手に入れたので、昨日は久し振りに台所に立った。
かつて、実山椒だけの"生一本"で作った佃煮を、おにぎりにまぶして四川料理のシエフ殿に食わせたことがあります。
知り合って間もなくの頃だから「旨い、旨い」
最近になって、「アイツには参った。痺れあがっちゃったよ」
本場の麻婆豆腐、味付けは山椒ですけど・・・・・。
ソノ痺れあがっちゃうようなのが好みです。
今年は己の好みだけを優先するのはまずいので、昆布とシイタケを刻み込んだ二種類を作って味を和らげた。
お遊びはシイタケ出汁の生一本の出来上がりに、青海苔をまぶしたヤツ。
一番おだやかな味に仕上がりったの、コイツでしたね。

絶品といえる山椒の佃煮はまだ一度も食らったことがありません。
市販品も自家製も似たり寄ったりの味、何処かに「もっとおいしいのが有るはずだ」と思ってる。
『からかた』、とっても惹かれます。

d0007653_8201668.jpgd0007653_832688.jpg
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-29 08:31 | ホビー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15939158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-05-29 09:07 x
 当地方には実山椒の料理は余り見かけません。
土地柄かどこでも蜜柑系のジャムばかりです。先日伽羅ぶきを作りました。ご飯のお供に最高です。甘辛く作りますのでマンボウ様にはダメな味だと思います。

山では、キィウイフルーツの受粉の時期だそうです。キィウイ、ブドウと
農家は首と肩の痛くなる季節を迎えています。
あっその後は梨の袋かけが待っています。
規格外の物は頂くのですが昨年の温州みかんは規格外が70%になり泣いていました。
農家の人達も知恵を絞り、もっと勉強しなければ生活出来ない時代に
来ているのですが・・・
Commented by molamola-manbow at 2012-05-29 09:39
甘いモノに手を出さない男、アレって見栄じゃあないかと思ってます。
洋菓子と徳利、「どちらか選べ」と死に目に言われたら、manbowはケーキを選びますね。
スポンジ系目がない。カステラが大好き!
不揃いなミカン、味に変わりはないのに・・・・・。
市販できないので、知り合いにしか売らない、とってもおいしいミカンを去年、長崎で食べました。
不揃いで、皮は傷だらけで、でもおいしい!


<< 新東京名所      飲み会の打ち合わせ >>