Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 30日

新東京名所

特徴的なお庭がうけてる龍安寺の石庭、あるいは苔寺でお馴染みの西芳寺の向こうを張ってやろう。
「東京の新名所を造るぞ
d0007653_7441476.jpgなどと言った、そんなおこがましい考えから始めた訳じゃない。
気が滅入りそうなぐらい蒸し暑くって、面白いこともな~にもない梅雨時の昼下がり、フト庭を眺めると「何か呉れ」みたいな顔でこっちを眺めてるヤツがいる。
とぼけた顔に軒先から落ちた大粒の雨水が当たっても、片手でもってツルリとヒト撫で。
「ウ~ン、蝦蟇庭、いいかもしれない。退屈吹っ飛ぶゾ!」
そんな気持ちですね。
雨模様の宵など、裏道歩いてて出くわす度にヒョイとつまんで持ち帰り、庭に放して来ました。
十年ほど続けてるから、年平均二匹として・・・・・。
でも、「何か呉れ」と、催促されたことは一度もない。
出て行けるところ、無い訳じゃあないけど、かなり草ボウボウの庭だから居心地は悪くないはず。
居着いてもいいと思うのに、蝦蟇たちの消息は放した翌日からプツ~ンと消えちゃう。
ラインダンスだって可能なほど拾ってきてるのに、「元気でやってるかい」と声を掛けられたの、ほんの数回でしょうか。

お天気急変で雹など降った所もあった昨夜、今季の二匹目に出合いました。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-05-30 07:53 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/15940921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 住みたい街の東京NO1      実山椒の佃煮 >>