Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 11日

稚鮎

d0007653_7225257.jpg
平河町の四川飯店、突き出しに稚鮎が出てきた。
飛行機と椅子の足以外はな~んでも料理しちゃうお国だから、鮎が登場したって何ら不都合は御座いませんが、ちょっぴり珍しい組み合わせ。
薄く衣をまとわせて揚げてありますから甘露煮じゃない。
でも、山椒を効かせた味付けは甘露煮の一派、有馬煮風味に似てピリリときます。
南蛮漬けとも違ってお酢の味付けでもないし・・・・・。

総勢二十八人が三つのテーブルを囲んだ宴、出てくるモノを突っついて、ワイワイガヤガヤで終わっちゃいましたから、料理名を聞く暇もなかった。
おいしく頂きましたけど、鮎の味はしません。
中華料理の欠点ですね。
四、五年振りに食らった鮎だったのに・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-06-11 10:17 | 酒・宴会・料理


<< 鹿港の肉まん      屋久杉の切れっ端 >>