Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 11日

稚鮎

d0007653_7225257.jpg
平河町の四川飯店、突き出しに稚鮎が出てきた。
飛行機と椅子の足以外はな~んでも料理しちゃうお国だから、鮎が登場したって何ら不都合は御座いませんが、ちょっぴり珍しい組み合わせ。
薄く衣をまとわせて揚げてありますから甘露煮じゃない。
でも、山椒を効かせた味付けは甘露煮の一派、有馬煮風味に似てピリリときます。
南蛮漬けとも違ってお酢の味付けでもないし・・・・・。

総勢二十八人が三つのテーブルを囲んだ宴、出てくるモノを突っついて、ワイワイガヤガヤで終わっちゃいましたから、料理名を聞く暇もなかった。
おいしく頂きましたけど、鮎の味はしません。
中華料理の欠点ですね。
四、五年振りに食らった鮎だったのに・・・・・。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-06-11 10:17 | 酒・宴会・料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/16028651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-06-11 11:15 x
 私の住んでいる田舎では鮎を食べる事が殆どありません。
毎日ピチピチの魚が簡単に手に入るからです。でも娘時代は親が鮎の食べ方も知ってくべきと、骨抜きしての食べ方を教えてくれましたが。

昨日は接待で鯵を釣に出かけましたが、生簀から逃げた鯛ばかり。
養殖の魚は逃げても沖へは逃げれないのでしょうか。体内時計が餌の時間になると戻ってくるのでしょうか・・・昨夜は養殖とは見えない綺麗な色だったのに今朝見ると少し黒ずんでいました。今の時期美味しい鯛は
殆ど養殖ですね。鯛も子を産んで脂が乗っていませんもの。
Commented by molamola-manbow at 2012-06-12 07:42
アジを狙ってタイですか、それはいい!
おいしさからすると、アジに軍配は上がるかもしれませんが、釣り師の楽しみは引き味ですから。

シマアジの養殖生簀が台風で破れて、釣れ盛ったシーズンがありました。
伊豆七島・式根島での出来事です。


<< 鹿港の肉まん      屋久杉の切れっ端 >>