Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 25日

ニホントカゲ

d0007653_9263585.jpg「ヤア、ヤア、ヤア」の再会でした。
道を歩いてると、塀の上で寝そべっていたり、「カサッ」の音で目の端が尻尾だけを捉えたり・・・・・。
「見掛けない日の方が少なかった時代、そんなに昔じゃあないのにな~」
などと思いつつ、立ち止まってポケットのカメラを持ち出しました。
蝦蟇蛙と出合った場合の様に、いきなりムンズと掴んだりしません。
そんなにノロマじゃないし、尻尾切って逃げる奥の手だってお持ちです。
「害は加えてこね~な」と思いつつも身構えてますよ、このポーズは。

中学時代の担任、生物の先生でした。
まだ佐渡の空をNipponia nipponが飛翔していた時代でしたが、「朱鷺は間もなく日本の空から消える鳥だ。観ておきたいなら今のうちだぞ」と。
『絶滅危惧種』などという言葉も存在しなかった昭和も二十年代の後半でしたけど・・・・・。
Hyla japonica(ニホンアマガエル)、Gekko japonicus(ニホンヤモリ)・・・・・。
学名の中に『japonica』などと入るのは日本の固有種が多く、数の少ない種だから「大切にしろ」と。
ニホントカゲの学名も『Plestiodon japonicus』、近所にまだ多い蝦蟇蛙もお前さんも天敵だよな~。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-06-25 07:58 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/16132857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 昨日の続き       樋口一葉~向島~佃節 >>