Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 04日

久々に聞いたゼ~

花柄の合羽に黄色い雨傘の幼女が植え込みの蔭を覗き込んでいた。
身を乗り出して何かを探しているその姿を、背後でお母さんが見守ります。
傍を通って立ち止まったmanbow に、母親のニッコリ顔が振り返ってしばし。
植木の陰から聞こえてきました。
うれしそうに母親を振り返った幼女の笑顔と、聞こえて来た鳴き声はほとんど同時です。
d0007653_724211.jpg
去年の春に完成したばかりの小田急線・経堂駅前の四階建て商業ビル『CORTY』、建物の横には畳を横に並べたぐらいのツツジの植え込みと、駐輪場が歩道に沿って交互に並んでいる。
そのコンクリートで囲まれた四角い箱のツツジの陰から「ケロケロケロ」
親子同様にいい気分になりました。
同時に久しく聴いてない声を、有り得ない場所、駅頭同様の場所で聴いたのですからビックリです。
d0007653_721438.jpg親子と一緒になって次のケロケロに聞き耳を立てて「オオッ、今度は七回続けたゾ」
その頃になると、植え込みの陰に耳そばだてる無言組は十人近くになってた。

CORTY』ビルが完成する前も、スーパーを一階に持つ『小田急アパート』のあった場所、さらにその前に遡っても引込み線だらけの『経堂電車区』です。
何処から来たのでしょう?
謎の残るアマガエル、白鳥の飛来地・瓢湖(新潟)を周った二〇〇七年の春に、鳴き声を頼りに捕まえて以来の「ケロケロ」です。

愛嬌のある顔に似合わず、コイツは皮膚粘液に弱毒を持ってる。
触った手で目などこすると激痛に襲われ、しばらくは目が開けられないほど腫れ上がるんです。
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-04 07:45 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/16228396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-07-04 09:55 x
私までもがその様子に癒されました。田舎では蛙の鳴き声はうるさくて嫌われものですがところ変わればですね。

家ではツバメの雛が3羽、親からの餌を待っています。カラスが狙っていますので、人の顔の写真のパネルを側に貼りガードしています。
私がチュンチュンと声をかけると、首を伸ばし大きい口を開け反応する仕草はなんとも云えません。
Commented by molamola-manbow at 2012-07-05 12:02
眠れないほど鳴き続ける夜を「うるさい」と思うのは幸せです。
眠れなくて、石ころ投げつけてもほんの一時、また前にもましてわめき続ける。
そんな蒸し暑い夜が懐かしく思いますもの。


<< いきなり、故・古橋広之進さん      ネットでゲット・・・・・ >>