Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 18日

来年はホタルが見れるかも

d0007653_8243128.jpg

d0007653_8144836.jpg「オオッ、居るじゃんか」と、川面を覗き込んじゃいました。
水コケ食らって生きてる淡水の巻貝があちらこちらに、カワニナ(川蜷)です。
塩茹でにして、柔らかい鼈甲色の蓋に針先を刺して、グルグルと回して身をほじくり出す。
おいしく頂けるんですが、何たって面倒臭い。
五、六個も食えば「もういいや」になっちゃいます。
海の小型巻貝・シッタカと同じ味、ただし大きく育っても全長三センチぐらいにしかならない。
この小さいコトが幸いしてそれこそ日本中の河川、田んぼにウヨウヨしていたものでしたが、農薬に痛めつけられて消えてった。
コイツを餌にするホタルもカワニナが消えると同時に姿を消しました。
写真は西から東へと世田谷区を縦断して流れ、目黒川へと落ちる北沢川のせせらぎ。
新宿区の落合下水処理場から、中央線、地下鉄丸の内線、京王線、小田急線を地下トンネルで越えておよそ十キロ、きれいになった水を引き戻して造った人口の小川です。
流れはトンネルの長さの五分の一ほどにしか過ぎませんが、ホッとする風景を形作つている。
「ホタルをよみがえらそう」と努力しておいでの付近住民の努力、この調子だと「左程時間は掛かるまい」みたいな段階に来てる。
d0007653_8505471.jpgd0007653_853387.jpg
奇特な方に拾って頂いたPASUMO入りの定期入れを受け取りにバスで北沢警察署へ。
その帰り、行きも帰りも同じバス停に止まるロータリーで、反対方向行きに乗ってしまった間違い。
おかげでカワニナに出合った。
d0007653_963033.jpg

[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-18 09:10 | 犬・猫・蛙に動植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://heymanbow.exblog.jp/tb/16401714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎もの at 2012-07-18 09:41 x
シッタカはこちらでは にな と云います。スーパーでは大きいのが売られていますが、なかなかのお値段です。亀の手も今年は余り見かけません。ナガセ蛸(梅雨の時期が旬)も、もう終わりです。

やり烏賊の大きいのが出まわり始めました。烏賊ソーメンの季節です。
この名前の由来は?烏賊の旬とソーメンの季節が合ったからですか。
Commented by molamola-manbow at 2012-07-18 10:38
山形県酒田市の沖合いに小さな島があります。
全山山椒の林みたいな飛島、周辺の海は鳥海山の伏流水が湧き出して、プランクトンが豊富に育って、魚介類はすべてでかい。
ココで獲れる亀の手、ほかでは見られないほど見事です。
岩牡蠣も大きくなりますが、夏の牡蠣は苦手、「牡蠣はマトヤの小振りがいい」な~んちゃって。


<< 犬のトリミング屋さん vs ヘ...      普通に食べてる生のアジ、サバ、... >>