Hey! Manbow

heymanbow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 24日

芋 団 子

あと、たった三日で閉店です。
ロンドン五輪の開会式の日に、十九年続いたお店を閉じちゃいます。
好きな焼酎入れて貰って、ソイツだけ飲んで、おつまみには余り色気を見せない。
何を食らってもおいしいのに、酒が入るとお通しの小鉢一個で何時間でも飲んでいられる。
成城の南口・『けんどんや』さん。
d0007653_7313414.jpg
中でひとつ、お蕎麦屋さんで飲んで最後にザル蕎麦すすって帰るのと同じように、ココでは『芋だんご』を食らって帰ってる。
ママさんは小田急線の川向こう、登戸で生まれ育った。
子供の頃のおやつがコレであったらしい。
川崎市多摩区の何処か、今では一軒しか残っていないお店で見つけて、懐かしい昔をメニューに加えた。
そいつを甘辛醤油だけでシンプルに出してるジャガイモで作るお餅です。
でっかく切った海苔がいい。
閉店を残念がる、その何パーセントかはコイツが食えなくなる分だと思うほどに旨いんだ。

日本茶は細かく等級が分かれている食品、上に行くほど、値段が高くおいしい。
海苔も同じで、艶、味、パリパリ感は等級によって違って、やはり高い分が味の違いになる。
浅草じゃあ、遠の昔しに作られなくなったけど、大小の河川が入る東京湾産の"浅草海苔"は、いたって旨い、上等品は驚くほど高いけど旨い。
噛み応えのない、柔らか肉なら何でも「オイシ~ッ」な~んて歓声あげるブランド牛と違って、美味しい海苔は噛み応えが残つて、牛肉からは消えてなくなった草の香りに等しい香りが漂う。
日本の食品の中で等級を信じられるの、今やお茶と海苔だけですね。
ソノいい海苔を巻いた芋だんごが驚くほど美味しいんです。

売ってるお店の場所を聞き出しておくための残り時間、今日を入れてあと三夜
[PR]

by molamola-manbow | 2012-07-24 08:06 | 酒・宴会・料理


<< 都道府県・四十七のマーク      二年ぶりの花火の夜 >>